新型シマノディスクローター RT-CL900とRT-CL800発表!

スポンサーリンク

デュラエースとアルテグラグレードのディスクローターがアップデートした。「シャンシャン音」を低減する。特に長い下り坂ではディスクローターが熱くなると、反ったローターがパッドに軽く接触する。少し冷えるまでシャンシャンサウンドが発生することがあった。

Shimanoは、この問題に対処するために、最新世代のUltegraDi2およびDura-AceDi2電子グループセットに、より堅牢なマウンテンバイクローターを使用することをすでに公式に承認していた。

新しいRT-CL900とRT-CL800は、「より堅牢な合金キャリアとアーム形状」を備えており、「長く急な下り坂での熱変形を大幅に低減する」という。

直径160mmと140mmでのみ提供されている新しいローターには、熱を放散するために冷却フィンに接続されたスチール製のブレーキ面とアルミニウム製の内部を備えた3層サンドイッチデザインなど、Shimanoの長年のIceTechnologiesFreezaデザイン要素も組み込まれている。

両方のローターモデルの重量は、160mmサイズで114g、140mmサイズで96gと同じだ。価格は未定。新型はあの不快な音とおさらばできるはずだ。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

当サイトでの広告表示を
許可してください

広告ブロッカーをお使いのようです。
このサイトでは主に広告収益で
運営しております。
ご理解頂きますようよろしくお願い申し上げます。