楕円の比率

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

楕円の最適な選択を少し考える前に
Rotor社からアナウンスされているmin&max相当は53Tのものしか見当たらない。
なので単純に53Tに対して56.5を100%とした時
52Tではどれくらいかという単純な比率の計算をしてみた。

min T max
32.3 34.0 36.2
34.2 36.0 38.4
36.1 38.0 40.5
37.1 39.0 41.6
47.5 50.0 53.3
49.4 52.0 55.4
50.4 53.0 56.5

今所有している楕円は
PCD110 52,50
PCD110 34,36,38

しかしアクティブリカバリしていて何気なく見ると
アウターの歯が飛んでる・・・。
昨年の9月から使っている”Rotorじゃない52Tの楕円”は5000kmは乗ってはいる
が・・・。
やっぱり信頼性はROTORを使うべきと感じた。

それはそうと上記の表を見ると自分に最適な使えるギアはMAXだけみると
アウター53.3相当の50Tと
インナー38.4相当の36T

がベストなんじゃないかと思っています。
PCD110のQuarqやP2MはAEROTTアウターがつけられないので
実質OPC3のQ-RINGじゃないといけないところからも
50T&36T(53.3&38.4)が妥当?
かと考えました。

たぶんこの2か月大阪で練習してきて坂道でも楕円38つかっていたから
最少ギア36相当でなんとか行けたんでしょう。

ということで歯飛びしたので50T&36Tに変えます。
ちなみに歯飛びしたのはRotorQ-ringではないのであしからず。

タイトルとURLをコピーしました