実業団群馬CSC E1 二日目

スポンサーリンク

スポンサーリンク

群馬CSC二日目

前日ピザ食べ放題で炭水化物を取る。二日目はたった6周だけど普段あまり食べる方ではないからとにかく胃に入れておく。レース会場から数分の宿では素泊まりなので夕飯、朝飯なし。朝は5:25自然起床。

ともさんの機関銃のようなイビキがすごい。今度耳栓必須だな。

スポンサーリンク

ウォーミングアップ

朝ウォーミングアップしてると、今回逃げ切りした佐野さんと話す。東京で練習していただいていた。登れるしスプリント有るし、単独走できるし。クライマーとしても一級だけども、群馬や西日本向きなんじゃないかと分析してる。

案の定優勝されてた。

9:20のスタートまでに朝はジャムパン、二時間前にだんご一串。そんだけ。ウォーミングアップは20分ダラダラ流し。勝手にパワーが上がってく感じ。一回トイレに行ってもう一回二十分。270-280Wウロウロして、最後に300W乗せて終わり。やはり二日目は楽というわけではない。

420W 30secを二回やって刺激を入れる。スタートに並ぶ。

スポンサーリンク

レースE1

ミッチー、若狭さん、大橋さんと並ぶ。私よりも機材変態の大橋さんのプーリーはカンチェラーラのゴールドレースだ。変態すぎるぜ。本日もローリングスタート。

ホンダ栃木さんがコントロールするんだろうと思って、うまい蜜を吸いに邪魔しないようにこの日も自分も前で展開しながら先頭にい続ける。時折、竹芝さんや、ミッチー軍団が上がってくる。

KOHさんも上がってくる。あ、なんか知り合いばっかりで走りやすい。と、毎周回そこまで辛くなく。心臓破りも、難なく。周りを見るとみんな余裕そうだった。これは集団スプリントになるだろうと予想する。

下りは攻めるつもり無いが、自分の気持ちいいトレースをすると後ろが離れて行く。きちんとした空気圧ならほとんどブレーキいらない。安全に下るのがもっもともだけど、これはレースだから。

最終周回、心臓破りを全開で行くか悩むが、位置を上げるのみに止める。多分10-15ぐらいではいる。緩やかに登ると右からミッチーが来る。この時点で四位のミッチーより先に登ってたのか。位置どりうまいな。。

おっきなカーブを回る時にイン側に入ったのが運の尽き。回さなくてもそのまま前に出られないパターン。あー位置どりしんだ。ミッチーがぬけていくのが見える。インとアウトでは速度さがありすぎた。

そのままゴールスプリント。ズブズブだけど最後まで走る。

佐野さん優勝で、ミッチー四位。前日2位のミッチーすげーよ。野生の位置どりの勘があるな

終始自由に走れる余裕はあったが、位置どり難しいな。何回この悔しさを味わうのか。あー、後悔の念しかない。リザルトに残らない意味のない走りをした。

ゴールデンウィークしか休みが取れない仕事のためドカンと来月の6まで休みだ。あとは年末の恒例の長期休暇まで休めない。

ラオウ氏が「ツールド関西やるんやろ?」とIT系の企業つながりでおっきな連休で明日から走りこむ。群馬で好調だったミッチーも参戦だ。練習相手は最高。

とりあえず、来月の6まで少し乗り込む事にする。2012年はGW中に1400km、2013年は1200km程乗れたが、少し賢くなったので、回復を考慮しながら食べて走る予定。これが終わったらきらら浜、堺、比叡山、熊野、西日本、新潟とツアーは続く。

わりと脚の調子も最近良い。ただ、レースで学ぶことがまだまだ多い。展開下手なんだ。

リザルトに残る走りを。

次はきらら浜だ。

今回の群馬をまとめるなら「悔しい」そんだけや。

敗北のない競技:僕の見たサイクルロードレース
土井 雪広
東京書籍
売り上げランキング: 351