2014年実業団群馬CSC一日目 E1

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

20140426-170526.jpg

スポンサーリンク

群馬cscE1

リザルトに残る走りがしたい。ただそれだけ。調子は良い。足も回る。大阪からの移動は、釜兄さんと、監督。14時に出て、着いたのは22時。インターで飯食って、コンビニ寄って宿へ。24:00就寝。

5:45自然起床。ゴーゴー練で毎朝起きる人間の体内時計はすごい。気温は3度だ。毛布をかけて寝た。監督も、釜兄さんもイビキはしないので熟睡できた。朝はジャムパンと、金のパン二つ。645出発。0745に薄皮あんぱん一つ食べる。

0845に串団子を二つ。最近のお気に入りだ。団子いいよ団子。みたらしね。二時間前からは何も食べない。エリート1位の距離なら普段の練習から考えても対した距離じゃない。

スポンサーリンク

ウォーミングアップ

ウォーミングアップは9:25から始めた。乗った瞬間に、「あ、イケる。」と思った。かなり調子がいい。かかる。後半20分かけて290Wまで上げる。そのまま314Wまで行って終了。体重は最近体幹トレしてるのか60kgでウロウロ。刺激を入れたくて30sec x2で420W, 425W。

とにかく、スタート前に汗書いて水を飲むこと。水飲むといいかんじ。

スポンサーリンク

レース

今回結局西薗さんについで二位になったミッチーと若狭さんと並ぶ。途中で後ろにKOHさんが来て少し話す。早い人ばっかりで不安になるけど、知ってる人がいて楽しい。JPTで走るM原さんも話しかけてくれてリラックス。あさKさんとも少し話した。関東でいろんな人に練習して輪も広がり楽し過ぎるぜ。

ローリングスタート。とりあえず、序盤は散発的に逃げが出るもいつの間にか吸収。最大30秒ぐらいか。この日は登りも辛くない。全体的にゆっくり。下りも遅い。毎日十三峠の急勾配を下っているせいかものすごくゆるく感じた。

インベタでも余裕がある。二年前と違う。毎回ヘアピンでするすると前に出られることがあった。何周がした時に西薗選手が出てきて観察。なんと楽しいことだ。楽し過ぎるぜ。にしても、ペダリングうまいな。途中心臓破りで抜け出したが、西薗選手余裕だったな。

その後も先頭集団の10番手ぐらいをつろうろ。最終周回上がるも特に千切れず80%ぐらいの力の余裕がある。しかし、バックストレート手前で密度が高まる。こがなくても進む大集団。この時点で終わった。あーまずいと思ったら派手な落車。。

去年、武井選手と籅那嶺選手と走って頭の中に残ってる言葉がる「落車するような位置で走るのが悪い」と。釜兄さんも「落車が嫌なら力で前へ」と。自分の力で前に。そうだな。今回はそれに尽きる。落車が悪いんじゃない。そんなところにいる自分の位置どりが悪い。

まだまだ甘っちょろいな。

左膝と脛をすこーし擦りむいた。草の上にのってしまったのでタイヤが明日心配だ。落車したやつを攻めるのはいくらでもできよう。ただ、自分の足でもっと前へ。

これだな。

何を言っても結果が全て。リザルトに載ったことが全て。レースはそんだけ。ミッチーの二位は素晴らしい。動いて、追っかけての二位だ。お兄ちゃんはロマン溢れるミッチーの走りを最高の観客席からみとったで。

自分で動いて、展開して、二位。休み明けの、ラ王、ミッチー、私の奈良練では負けねーぞ。だれかこれそうなら一緒に走りませんか(笑

レース終了後、西薗選手と堺クリテぶりに会ったので握手して優勝のおめでとうをしに。なんか、一緒にサラリーマンとして走れるのは楽し過ぎるぜ。何か目標になる。

レース反省会はピザ食い放題で
、メカについて言い放題(以下略

今日の最高速度64.3km/hだった。死ぬで。レースのメカは自分で見よかな。いじるの楽しいし。

明日は二日目だ。スタート前にブロク見てますと声をかけてくださった方がいらっしゃった。速くもないけど、そう言われると素直に嬉しいな。明日も頑張ろう。鬼のキャプテンと、マツケン師匠からのオーダに背筋が凍った。

たのむから、群馬から自走帰宅は辛い。明日も出場する皆様、怪我なく落車なく頑張りましょ。

ロードバイクの整備と修理 (ヤエスメディアムック364)
藤下雅裕
八重洲出版 (2012-09-26)
売り上げランキング: 25,675
タイトルとURLをコピーしました