箱根駅伝の山の神

山の神。

ようするに、山が早い人。
無条件でかっこ良い。

駅伝もロードレースと呼ばれるのに何故自転車競技のロードレースはこんなにも人気が無いのだろうか。それはただ単に日本での伝統と、競技人口の高さから走ることの方が認知度が高いだけかもしれないけど、ルールもそれほど変わらない。駅伝の場合は、町から町へ出雲大社や、箱根と名所を絡めてレースが展開され、色んな所を巡り各地の応援も熱い。自転車競技と言えば、周回コースをぐるぐる回るデカイトレッドミルのようなレースでみる方はいいけど走る方はうーん、、な感じ。これはb定食さんのツイートを見てなるほどなと思う。走る方の面白みにはかける。

今回は競技の話じゃなくて、山の神がいる東洋大学の強さについて調べていたけど、なんも出てこない。唯一具体的に出ていたのが

最近発売された東洋大学の食事を追った本

以前の東洋大学の食生活はジャンクフードばかりのようで、その改善と、栄養で強くなる方法、やアスリート向けの強くなる食事、故障しない食事について細かく紹介している。
毎日飲むのを勧めるパワージュースとか使えそう。

食べることもトレーニングのうち。