国道110号 天狗岩 ヒルクライム

国道110号 天狗岩 ヒルクライムです。本日は9名で行って参りました。
RBSも大所帯になった物です。みんな一丁前のローディになりました。
今回は、2班に分かれて登りました。
そしてBANAの最後のラストランとなりました。

最後のラストラン・・・・。
ようはロードバイク購入!ということです。

朝、7:30集合!いつもの福島です。

この日は寒くなってきていることもあり、みんな長袖とかいよいよ冬支度の気配です。

おおお、UCIプロツアーの御両名。
まったく自転車と合っていないところがホビーレーサで良いと思います。
皆さんも柄で選びましょう。

さて、この日は冒頭にもお伝えしましたが、バナさんのマシン更新です。
いよいよKUOTAカルマがきます。
その話は別でかきますが、いよいよロードデビューです。良いバイクですね。

この日は、国道110号 天狗岩コースをTUTSUのチョイスにより決定。

田園風景を眺めながら進みます。

最初は結構平坦なコースです。

みんな軽快に登っていきます。

Française des Jeuxのジャージを着るのはアスタナから電撃移籍したHANAO君。
だんだん、マテリアルがそろっていきます。
本日はSUZUKIも山岳ステージ参加です。

ここの分岐点から二手に分かれます。

天狗岩は、HANAO、BANA、KISSY、FUJITAでアタックです。
関西ヒルクライムTTには”激坂”とありましたがどんなもんでしょうか。

ある程度標高が高く、坂がきついとされる山は初めが一番きついことが多いです。
ここも同じで初めから結構な坂が続きます。

ここらへんで10%~

結構なさかです。

この日道にかなり迷いました。
割と進んでしまい勝尾寺寸前まで行きました。
これはおかしいと、一行。

引き返すことにします。
どうやら、茨城高原カンツリークラブ(カントリークラブではない)
の所を入っていくようです。

ここを登ると、天狗岩・・・

進むこと数十分。

茨城高原カンツリークラブに到着!?
あれ?天狗岩・・・?

そう、天狗岩なんてどこにもありませんでした

そこでバナが一言。

「なんか登ってくるときに左側にあったよ。」

引き返す一行。

そして有りました、天狗岩・・・。

これグーグルマップには載っていませんが、
ゼンリンとかの地図にはきちんと天狗岩と明記されています。

台風の後ということもあり、素晴らしい景色です。

帰りは万博公園に向かい、帰路につきましたが
最近恒例のパンク実演会が開かれました。

モットーとして、自分のマシンは自分でどうにかするですが、
NAKAMURAは初めてのようで、パンクマスターBANAが丁寧に教えていました。

空気担当ZUMIはマッハポンプで一役買っていました。

待っている間他のメンバーは・・・

試乗会です。

皆人のを乗って楽しんでいたようですが、

おそらく乗った後のリアクションを見ていると、

「自分のが一番良いな・・・。」

だとおもいます。

結構ジオメトリとか、調節次第でフィーリングが変わるので
おもしろいですね。

それはそうと、NASSYのマシンはやはり技術者だけあって素晴らしい調整でした。
私はフレームどうこうと言う前にセッティングは実はなぜか、アンカーが一番乗り安かったです。
多分、設定が近いような気がしました。

本日付でNASSYの担当は、突き上げ担当からメカニックに昇格です。

メカニックになる条件は、自分で完成車が作れることです。

さて、そろそろ今年の走行できるひも少なくなってきました。
怪我無く1年を終わることができるよう頑張りましょう!