2021 GWの記録。

この記事は約2分で読めます。

昨年はステイホームということでZWIFTをやりまくっていたわけだけども、今年は外を走る。それだけでもありがたいと思う。「あたりまえ」の反意語は「ありがとう」というように、ふだん何気ないことに対して感謝が薄れている事を危惧している。

普通に練習できて、普通に自宅に帰れるありがたさよ。GW初日の5/1は松木さん、りくと走る。松木さんがバイクの調子悪くてすぐ帰宅。二日目の5/2は松木さん、りく、いけちゃん。

0730に集合して、ZLを周り、いぬかん、堀越、湯ノ花温泉、別院。別院のピークでなるべく前へ。松木さんはやはり最後強かった。でも、それぬえ収穫もあった。自分に足らない事はギアの選択。ひとつの選択で、面白い発見がある。また次回やってみようと思う。ただ、脚が残ってなきゃならないのでこれは工夫だね。

5/3

雑賀さん帰阪で奥様も一緒にライド。井上さんも合流出来て、そのままカランコロンへ。雑賀さんがITLAB45をテスト。るり渓温泉めっちゃ速く登っていった。

カランコロンで松木さんと合流。そのまま、下って野間峠へ。野間峠はゆっくり入りながらも10:15となかなかタイムは良かった。

GWは家族の時間を大切にして、子どもと遊びたい。とはいえ、昔ほど長い休みを取りたいと思っているわけではなくて、頭から仕事のことが離れないという休暇だ。キャンプでもしながら、瞑想でもしたいところ。