もう十三峠を登ることもないだろうか。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

引っ越しに伴い、いつも練習していた十三峠にも別れを告げる日が来る。確かに急勾配だけど、なかなかあんなゲキ坂登れる場所はないし、私は好きな峠。春には桜が満開で、夏には山頂にヤカラが集まるのが風物詩。桜の木までのタイムや、途中のミラーでその日の体の調子がわかる。

いく度となく登り、データーを集めることで傾向をつかむ。多分三年間で朝晩で少なく見積もって500本以上は登ってる。ベストは15:00フラットだったけど、14分台には行けなかった。一秒って大きいな。そんなこんなで夜練。

15:57 291W

朝起きると、体重は56kg代へ。二ヶ月ゆるゆると落として行ったのでパワーは変らない。一週間でガツンと落としていた頃の過去の自分に見せてあげたいくらいのお手本的な減量。秋だから、冬だから太るというよりも、毎日の食生活で変える。基本的なことだけど、おろそかにしがちだ。

お菓子は食べない、パン食べない、酒は飲まない、腹八分目、この三つのルールをただ守るだけで緩やかに落ちて行く。「いやできない」と私も思っていたが、だからウェイトコントロールがうまくいかない。体重をコントロールするのではなく入ってくる食べ物を良質にする。より少なく、より良い物を食べる。

基本的なことで、シンプルなこと。ただそれだけ。明日は久しぶりの登りのレースだけど、どうなることやら。実業団大星山ヒルクライムときらら浜がんばります。

タイトルとURLをコピーしました