トム・ボーネンの無駄遣いwwwオレンジジュースを作るwww

この記事は約2分で読めます。

スクリーンショット 2018-02-20 21.10.00
元世界王者トム・ボーネンの有り余るパワーを使って「オレンジジュース」を作る―――。トム・ボーネンと言えば、2005年世界選手権優勝や2005~2006年ロンド・ファン・フラーンデレン優勝と、クラシックスペシャリストと名高い選手だ。

ベルギーのみならず英雄として高い評価を得ている。日本の知名度も高く、年末になるとサイクリスト達が「ボーネン会するぞ!」と名前と忘年会をかけて使われることでも有名だ。

世界トップレベルの選手であるトム・ボーネンが「オレンジジュースを作る」という壮大なプロジェクトに参加した。用意されたのは世界最高峰のバイクスペシャライズドのターマック、そしてオレンジジュース作る為のローラーだ。
スクリーンショット 2018-02-20 21.09.31
本当にご本人が登場。よくオファーOKしたなと思わずにはいられない。少しばかり顔が暗いのは気のせいだろうか・・・。
スクリーンショット 2018-02-20 21.11.14
オレンジジュースを作るローラー?は、ローラーを回すことによって発電した力で「オレンジつぶし」が回転する。オレンジつぶしは、同時に4つのオレンジを潰すという負荷のかかる装置だ。発電に必要なパワーは大容量が要求される(しらんけど)。

スクリーンショット 2018-02-20 21.11.02
トム・ボーネンに許された時間は「63秒」ゴール手前1KMを想定。
スクリーンショット 2018-02-20 21.10.37
平均出力なんと780W。世界トップレベルのクラシックハンター&スプリンターはとんでもない出力を維持します。
スクリーンショット 2018-02-20 21.12.34
「・・・ふひゅー、、」という、このトム・ボーネンの顔が意図する結果やいかに・・・。その驚愕の結果は自身の目で確かめてほしい。以上、トム・ボーネンの無駄遣いでした。


別の記事で「トラック世界選王者は果たしてトースターでパンを焼けるのか」という記事ではさらに大容量のパワーでトースターを使ってパンを焼いている。

トラック世界王者が発電するトースターでパンは焼けるのか!?
トラック世界選手権覇者がパン焼きに挑む。にわかに信じられない話だが、実際にエルゴメーターとトースターを使い前代未聞の挑戦が行われた。挑戦者はトラック世界選覇者、五輪メダリストのローベルト・フェルステマン選手(ドイツ)だ。 果たしてトラ...
POM ポンジュース 800ml ×6本
えひめ飲料
5つ星のうち4.5
¥1,500 (¥250 / 本)