体の調子を見ること

スクラッチやるとすぐにアタックがかかって十人以上いた人間がすぐにいなくなる。シェルボ、キナン、昨年のチャンプなどと走れるところまで体が仕上がってきてるのが嬉しい。瞬間的なパワーは昨年より40-50W上がってる。

昨日な雨だったので筋トレをする。GW中は走ってばかりだったから筋トレは久しぶり。腹筋背筋をやっていてどこか身体のキレがない。筋肉が微妙に遅く動いていく感じ。10のところまで到達するイメージが8とかその辺で止まる。やはり2日明ける事を繰り返しコツコツやらんとあかん。

スクワットは120,120,125、ランジ90,90,90、ケンスイやってサウナ入って帰宅。帰宅後BCAA飲む。繰り返し、繰り返しやらないと体に染み込んでこない。雨だろうが晴れだろうが今日は筋トレデイだったので良いけど、この筋肉の使い方を自転車に繋げないとなんも意味ない。

セントラのスタートの時にどうやってペダルに力を伝えるか結構無駄な動きをしていた。体が車体にのしかかるような踏み方ではなく、デッドリフトのように反りながら腕を伸ばし、背筋を使って踏み込む。体全体を使ってペダルに力を込める。

いままでこうやってペダルに力を加えてきたことは実は無かった。トラック競技はそういう技術的な事を気付かせてくれる。ロードだとどうしてもこいだら進むから。スタート一つで1秒、最高速も違うし、とても技術的に深い。堺クリテリウムをエントリーした。

最終回までは全開近くで走っても持つので今回はスクラッチみたいに位置どりを気にしながらはしる。多分スクラッチやってると、クリテリウム強くなるんだろうな。堺クリテリウムは逆回りだけど相性が良いからなんとかなるだろう。

今年は身体の使い方をしっかり身につけて、いく。やはり教えてもらったこの⬇︎の本は良かった。最近N村氏のスプリントに並べるようになった。腕の使い方だけ変えたんだけど、意外と身体の使い方でスッと走れるようになる。

一流選手の動きはなぜ美しいのか  からだの動きを科学する (角川選書)
小田 伸午
角川学芸出版
売り上げランキング: 89,004