デザイナーコラボウェア第二弾BLACK MAMBAリリース。
詳細はこちら

ウェイトトレーニング用パワーメーターを導入

スポンサーリンク

世界最高峰のトレーニング(西薗良太選手の書籍)で書いてあった、ウェイトトレーニング用の加速度装置を自宅に導入した。ハーフラックのバーベルに取り付けた。1RM法のトレーニングは近い将来終わるかもしれない。自転車のトレーニングもハートレートからパワーメーターに、変わった。

世界最高のサイクリストたちのロードバイク・トレーニングを読んだ感想
世界最高レベルのサイクリストたちは、どんなトレーニングに取り組んでいるんだろうか。圧倒的なスピード、強烈なパワー、美しいフォームは同じ人間だとは思えない。しかし、そんなトップレベルのサイクリストたちであっても、私たちと同じように「トレー...

サガンやキッテルが取り組んでいる加速度を基準にした最新ウェイトトレーニングは自転車に向いていると思う。昨日は、FTP相当のテストを行った。

自宅にハーフラックとフリーウェイトがあるとマジ便利。

原理はパワーメーターを使った自転車トレーニングといっしょだ。バーベルに取り付けた加速度装置からブルートゥースでipadにデーターを飛ばす。重さと、加速度を計算してパワー(ワット)を算出する。レップ数もiPadに表示されるし、ピークスピードから何%落ちたかなどもリアリルタイムに表示される。

ウェイトトレーニングでワットが出るのは画期的だ。海外のNFLで盛んに取り組まれ、研究が盛んなトレーニング方法。パワーメーターを使って人なら理解しやすい理論だ。ただ、機材が高いから自宅に導入するのは勇気がいるかも。

全てFTP基準のようなものでトレーニングが管理され、速度、重さ、ワットが指標。疲労や、強化したい内容も自由自在。1RMを基準にしたトレーニングはいずれなくなっていくかもしれない。そんなデバイスだ。後ほどインプレ予定。