バイクの特性と走らせ方。

スポンサーリンク

機材を攻めるとディスクブレーキでも6.3kg台に。サイズによると思うけど、そういう時代。できればvengeで軽量化して欲しいところ。vengeはステムが重い。マウントも重い。そこだけかな。普通の人間ならSLステムのほうが軽くていいかも。というわけでSLに変更。

ターマックとVENGE、MADONE、システムシックスと乗り比べて思うのはどれも旧世代のバイクより速いし軽いし、「止まる」のだ。この「止まる」ってバカにされやすいけど、MTBやCXやっていると制動力は本当に重要。では、ロードは?って考えると雨の日のレース最強。

今週の広島は雨だけど、カーボンホイールとか自殺行為で全く止まらない。AC3ならまだしも、エグザリットもそこまで止まらない。ディスクブレーキは全天候型。というより、雨で使ったことない人多そうだけど、「鳴る」から周りはびっくりするかも。。。

シクロクロスで泥やら雪やらで使ってきた感想としては、レジンよりもメタルやなと。というわけでメタルに交換。放熱フィンはあったほうがいい。高いけど、メタルがおすすめ。おそらくシマノはリムブレーキっぽい効き目を感じさせるためにレジンをデフォルトで入れてる。

シクロクロッサーやMTB乗りはブレーキングが巧みだから、ロードでもメタルが良いのではないか。ギューって握る癖が付いてるロード乗りはレジンがいいかも。あて効きさせて、強弱をうまく使い分けられるのならメタル、雨でも強いし、なんか好きだ。

vengeの次は何乗ろうかなーとゆっくり考えてるけど、いろんなバイクを好き嫌いせず乗りたい。最近わかってきたのは硬すぎるバイクは進まない。インピーダンスロスか何かはわからんが、とにかく進まない。バイクは奥深い。今週からロードが開幕する。がんばってこう。平日も時間ないけど、やれるとこまでやるぞ。

サイクリスト・トレーニング・バイブル
ジョー・フリール
OVERLANDER株式会社
売り上げランキング: 34,766
タイトルとURLをコピーしました