20万円のディスクエアロロードバイク WINSPACE T1500インプレッション

4.0
企业微信截图_16188189541074

単に「中華カーボン」という表現をすると、粗悪品の代名詞かのように扱われてしまう。たしかに破損事例や模倣品は存在し、筆者自身も被害にあったことがある。海外のオークションやECサイトには、メジャーメーカーのハイエンドモデルによく似た模倣品のフレームを多数見つけることができる。

しかし一方で、各社のカーボンバイクを辿っていけば製造国はアジア圏がほとんどだ。

SPECIALIZEDのフレームはS-WORKSであれMade in Taiwanだ。TREKはASSEMBLE IN USAと書いてあるがMADE IN USAではない。SPECIALIZEDのサプライヤーとして、メリダ・インダストリーが製品の製造を担っているのは有名な話だ。このように、世界のカーボンフレームのほとんどが中国や台湾で製造されており、粗悪品やハイエンドが玉石混淆の状態にあるのが今の自転車業界だ。

dsc0917421

中国や台湾のメーカーは、北米や欧州メーカーの一次請負として表に出て来ることは少ない。しかし、一方では世界中の最新技術が集まってきているという見方もできる。だからこそ、数あるブランドの中には良い製品を生み出している企業も少なからず存在しているはずだと考えていた。

しかし、問題は星の数ほどあるブランドの中から優れたメーカーを探し当てることだ。

「砂浜から1つの砂金を探し出す」ような無駄な時間とカネを使うくらいなら、あっさりとカネをだしてハイエンドの米国ブランドのフレームを買ったほうがいい。ただ、最近リムを製造するにあたり台湾や中語の製造技術や工場を調べていたところ、もしかしたらいくらかマシなんじゃないかと思えるメーカーの存在を知った。

特に、WINSPACE(ウィンスペース)やYOELEO(ユーレオ)というブランドは共に日本に拠点を構え、国内のショップを通じたセールスを始めている。今回の記事では、WINSPACEのエアロロードT1500をテストした。というのも、ジオメトリを見比べていたところVENGEと近い設計に興味をそそられた。

また、海外の個人サイクリストが塗装を剥いでカーボンの積層検査を行った結果も興味深かった。そして、塗装や独自の「2.5:1」のUCIギリギリの設計など興味深い設計も目を引いた。今回の記事は、玉石混淆の中国ブランドの中でWINSPACEのエアロロードT1500に迫る。

WINSPACEとラボバンク