レースメカニックという職人。

スポンサーリンク

ただのどこにでもいるようなショップのメカニックはたくさんいる。「自転車が好きなメカニック募集!」なんて告知がプロショップに書かれてたら、私はその店には行かない。素人にバイクを触らせたくない。レースや選手のことを理解したメカニックはそれほど多くない。

幸い私の場合はショップのメカニックが長年プロMTBライダーや難解なオフロード機材をサポートしてきただけあって安心して丸投げしてる。「世界に挑戦すること20年 ダウンヒラー末政実緒の軌跡

世界一の証アルカンシエルを獲得した選手のサポート、先日のUCIレースで三位に入った現役プロライダー中原選手とプロライダーのサポートを長く続けてきた。浮き沈みが激しいオフロード業界において何十年もメカニックとショップを続けている。

メカニックの坂口さんとユウくんは、私のvengeから、シクロクロス、マウンテンバイク、タイムトライアルバイクとすべてを見ている。得意なのは油圧ディスクで、マウンテンバイクにディスクブレーキが登場する前の黎明期からずっとメカニックをしている。

まるなげすると、いろんなパーツを見てくれてタイヤチューブまでチェックする。最後はメカニック自ら自分で整備したバイクに乗って外に出て行く(笑)

そこで気づいた僅かな異音などを見つけて勝手に直してくれる。バルブから僅かに音がするというので、謎のオレンジ色のテープを巻いてくれていた。芸が細かすぎる。油圧ホースも総とっかえしてくれて、ほんと仕事ができる。

今は海外通販でフレームを買ってショップで組み付け、なんてパターンが多いけど、私はringoroad でメンテナンスをして欲しいからフレームやらホイールやらすべて買ってる。というのも、シクロクロスやロード、マウンテンバイクはメカニックが居ないとレースを走れない。

sworks tarmac, venge, epic2015, epic2019, スタンプジャンパー、boone四台、マウンテンバイクを4台と全部買ってる。あ、あとrovalの32,50,64のリムとディスクブレーキ、roval321円盤も。それもこれも、メカニックがちゃんとしているからだ。

最近ではロードバイクのほうが売れてるなんて、話もちらほら聞くが、やはりオフロード機材を得意とするショップだと思う。というわけで、油圧ディスク系統を安心して見せられる所は(特にロードで)ringoroadのメカニックかなとおもう。

ただ、ほとんどsnsやブログをしないから陽の目を見ることが少ない。いや、逆に変なお客さんが増えないからそれでいいんだろうけど、もしも自転車を初めて見たかったり、メンテナンスをお願いしたいって人でも快く受け入れてくれると思う。ただ、できればお店で買ったバイクを気持よくメカニックにメンテナンスして欲しいって思いはある。

ホント、ネットに登場することは殆ど無いけど良い仕事をする。この土日時間があればぜひお店に遊びに行ってほしい。

私の全機材を見てるショップ→ringoroad

プレステージ 自転車用おそうじクロス 5枚入り
プレステージ (2012-06-12)
売り上げランキング: 5,997
タイトルとURLをコピーしました