愚直に繰り返す。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

昨年のZL8と今年のZL10を比較すると、去年のほうが強度がたかい。周回数も違うし、展開やメンバーも違うけど定点観測するとおもしろい。私のFTPは実走の峠で得られた20分の306Wのデーターから正直に290W(5.0倍)に設定している。

練習してる周りのトップアマと比べるとかなり低く練習仲間では至って普通な能力。

定点観測的な意味と、トレーニングゾーンを決めるためだけに使っているから、FTP自体に大きな意味はない。トレーニングの指標として使う無機質な数値にしか過ぎない。それを踏まえて普段の練習のデーターを見ると、しっかりと毎週かなり追い込めてる感じがする。

こっちは去年の八周。今年のほうがL7のゾーン多い。今年からL7を新設したんだけど、ダッシュ的な能力が私は低い気がしている。もう少しL5,6のゾーンを入れて行かねばと。才能なんてものは、芸術家と一緒で死んでからか、晩年になってから振り返って気づくものだ。

今やらなければならないことは、当たり前のことを当たり前にこなすこと。タラレバ言ってもきりがない。与えられた環境、走る環境、その中で最大のパフォーマンスを得るのみ。妻がそろそろ自転車乗ろうかなと言っていた。嬉しくて、あれこれ言いそうに(買いそうに)なったけど、いままでいろいろ見てきたからまずは乗ることからかな。

まだまだ30と若いからこれからやと思う。

老いのこころ -- 加齢と成熟の発達心理学 (有斐閣アルマ)
佐藤 眞一 髙山 緑 増本 康平
有斐閣
売り上げランキング: 228,285
タイトルとURLをコピーしました