【朝練】 RMとFTPについて

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

平日は仕事しながら普通に土日走れることや、日々のれる事は幸せな事かもしれない。

それだけ時間があるってことだ。そこに、怪我や痛みなどの要素がなければより素晴らしい。

そんなことを考えながら練習を始める。
昨日は、帰宅後家からVPNつないで続きのお仕事をするが、通信技術が発達したこの時代に、在宅勤務を海外では進めているが、やはり顔を見て対、人とのやり取りするというのが必要だ。

別に家からでも良ければ、
自転車の場合だったら、パワーウエイトレシオ大会で外走らない勝負すればいいがそんなの楽しくない。

そんなことを考えながら、L3
Md L3 253w 10min
UP L2 170w up/down 20min

代謝能力の向上と持久。

ふと、このMdと呼ばれる意味や指針となるパワーについて考える。
何でもそうだが、自分の性格は意味を理解しないと全くやる気が起きないし買う気も起きないし、容認したくない。

話を戻して、Mdの推奨時間は10min,2-3set
Stの推奨時間は5minで2-5set

このパワートレーニングの考え方は、ウェイトトレーニングのRMと一緒ではないかと思うのだ。
1RMはリミットマッスルで、一回しかあげられない限界の重さであり、10RMなら10回あげられる最大の重さとなる。
例えばFTPは理論上60min持つ限界の出力であるが、やはり似ている。
RM10までは、筋肥大の強化
RM20までは、筋持久力の強化
であるが、自転車と違ったのは、RM10であれば10回目がギリギリ上がるか上がらないかで追い込むことで、11回目が出来てしまったら追い込み不足だ。

FTPって考え方一緒のような気がしてきた。
そしたら、Mdの場合も、こげなくなるような追い込み方をするのが良いのだろうか。
まぁ、それは自分の精神力では出来なさそうだ。
だからちょっと工夫して、av250 20minできたら、次の日は251w 20minというように、インクリメントしていくなどするとどこかで閾値がくるだろう。

でも、やっぱり毎日のることがなによりも大切な事ですね。

タイトルとURLをコピーしました