ああはなりたくない だらだらとまとまらない思考を書く

デブにだけは。
昨年、ストレスと連続勤務で過去最大に太った。

今日一年ぶりに多くの人と会ったが、ほとんどみんな太ってた。キックボクシングをやってる先輩ぐらいかな、まともなのは。あとは、恐らく体重増か、かなり肥えている。若いうちは代謝がいいが、30代をどう過ごすかで変わってくると思う。

健康に気を使いすぎだとはよく言われるが、栄養とか、食べるものは明日明後日の話じゃなくて、何年も先に結果が出てくる。一年ぶりに会ったらまぁ、ひどいもんだ。ああ言うのを見ると、俄然、反面教師ではないが、

ああはなりたくないなと思うのだ。人間とは欲深き生き物で、流されれば流され続ける。最近、四時起きを初めてから、時間のありがたみがわかる。だいたい、通勤と仕事の時間を計算すると1日のほとんどを拘束される。そこから、炊事、洗濯、買い物、と家の事をして、練習に朝晩二時間、睡眠を取ると1日という時間を使いきってしまう。

奥さんいたらエエなとか思うけど。こればかりは。でも、タイトな生活をしているとライフハックじゃないけど、工夫をしてくる。例えば仕事。正直、単位時間あたりに自分がやった仕事でどれ程の利益や成果を出せるか。時間をかけて、残業して、朝までやるのなんて誰でもできる。それよりも、工夫して、やることを身に付ければ、自分がいままでできなかったような仕事が来たときに、はじめて時間を使って対応する。

村上mechanicが良いことを言っていた。1日、ある台数しか組めないんですけど、品質を保ちつつ組める台数を増やしたい。そこに工夫があり、時間管理がある。それが利益に繋がるし、評価に繋がる。ああ、またよくわかんなくなってきた。

会社のみんなが飲み会の時にローラーする自分は、何かを犠牲にしてるんだろうか。よく考えても、なんも犠牲にはなってないな。時間は有限だ。脱テレビはすごくおすすめ。すげぇ無駄なツールに選びたい。必要なときに必要なだけ、情報を取り出せないツールは、ツールではない。

なぜ、テレビの時間にこっちがあわせないといかんのだ。新聞というレガシーなツールと、インターネットを見るための仕組みを作ることでツールに使われる人間にならなくてすむと思う。そのためには、ツールに時間を使われ、金を搾取されていることを自覚したい。

なんかよくわからんが、最近すごく時間が勿体ないと思うようになった。

そんなことに気づけただけでも、このタイトな生活は無駄にはなってないんだと思う。