サイクリストトレーニングバイブルを買ってみた。

image

わりと頻繁に小出しに情報が載っているのでだんだんと気になってしまっていたので、購入した。

トレーニングで有名なジョーフリールの本である。最初価格2800円に躊躇していたが、技術書や、参考書として、考えるならば、妥当でありこのボリュームでこの価格なら納得できる内容だ。というのも、450ページもあるその内容は全て早くなるための自転車についての事が書かれている。

私が技術書を読むときのスタイルとしては、はじめから読まない事。小説ではないので有用な部分のみかいつまんで読む。前項の脈絡がなければ、読めないと判断されなければ、よほどの事がない限り、読む事が困難になることはないはずだ。

特に読みたかった箇所は
15章 トレーニング日誌の活用
16章 エネルギー源
17章 問題の防止と対処法
18章 回復

上記の後半の内容だ。
練習メニューや、ウェイトのやり方などはある程度形になっているが上記の内容については、まだあまり知識としては持ち得ていない。

読み進めていると自分が悩んでいた事がサックりかいてあった。一部抜粋すると、

減量とパワーについて
食事を制限する
運動量を増やす
二つのどちらが体重が落ちるか調査した。
その結果は本書を参照してほしいが、私のやり方は間違っていたようだ。
結果としてどのようなことが起きるのかが理解できていなかった。

ここは、反省すべき点である。

さらには、唯一とった方がよいサプリメント等にも触れており、早速注文した。こういうのにめっぽう影響を受けやすい。

ちなみに、パワートレーニングバイブルと同様にこれさえあれば他の自転車関連のトレーニング本は不要ではないかと思うくらいの内容だ。

自分の読書スピードから読破は時間の関係上見積もって二週間。読み物としてとらえた場合はそれくらいかかる。しかし重要なのは読むだけではなくて、実践することであることは言うまでもない。

まずは読んで理解して、試すと言うことが必要である。

ちなみにアマゾンで買うと送料が250円で住所入力する手間が省けた。