山口のライドのはずが。。

「レースの時じゃなくてよかったね」と言われて腑に落ちる。

ロードシーズンの終わり待っていたように、体が壊れてしまったようだ。多分長らく続くレースに耐えてたのかなと思う。減量、トレーニングと体に負荷をかけすぎていたのかもしれない。心肺機能、筋肉、見た目上何らパーフェクトに見えていた。ただ、体の中はちょっとやばい感じだったのかもしれない。

不思議なもんで、よく耐えたと思う。台風一過で乗るぞーと意気込んでいたのだけど、ドラッグストアとホテルの往復で、もはや自転車どころではないという感じになる。レースより楽しみにしていた山口ライド。走る約束をしていたレジェンド白石さんに、お詫びを入れてもはや、なんか凹み始める。

台風一過で晴れてるのに乗れないのが辛い。

というわけで、胃袋を満たす。フグのタタキはうまいが、やはり刺し身が食べたいということで

刺し身にありつく。レースが終わって、ふと言われる「レースのときに崩さなくて良かったね、ちょっと休めって言うことなのかも」と。なるほどなと思う。何かを得ることは、何かを失うことだ。朝イチで早めに大阪へ帰宅することにした。山口の病院へ行こうと思ったが、明日一日休んで朝イチから行くことに。

ゆっくり直して、早く復帰したい。

究極の体調管理 人生を変えるハイパフォーマンス計画
日本実業出版社 (2017-02-24)
売り上げランキング: 453