雨が降っても濡れるだけ 5min 345W 330W 310W

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

結局台風の影響はなかった。空が青々としている。思わず写真を撮る。今週は出社が早くて朝練できず。夜に走る。水曜日は舞洲で淡々と単独走。カワノさんと合う。二周ほど一緒に走って帰宅。

朝十三峠16km + 夜84km 合計100km

何か距離乗りたい時がある。

台風が過ぎ去った昨日、晴れてたので登坂開始。

五分 L5やってからフルで十三峠登るプラン。5min 345W 330W 310W。ようかかるわ。体重は59.0kg良い感じ。四月に大阪戻ってきてから続けている外での五分走。初めは桜の木までも行けなかった。

パワー見てると、数字だけでしか変化が見られない。ただ、早くなればなるほど外の場合は景色が変わってくる。桜の木を過ぎカーブまで行けるようになった。しかも二本目も。結果としてパワーに結びついてる。

こういう時は、油断大敵でまずは体あってのスポーツなのでほどほどにやる。最近思うのは、体を回復させて思いっきり追い込んで、また回復させる。その時は、本や変なルールに惑わされない。

以外と、毎日同じ坂を登坂する事でパフォーマンスがクリアになり、調子の波がなくなってきている。わりと感覚で走った方が良い。体の声は大事だ。

帰りは突然の雨に濡れながら、濡れたパヴェ区間を爆走する。ラースボームだぜ。そんなごっこ遊びで無駄に疲れる。ツールドフランス見て就寝。

回復にイナーメのリカバリーを塗ってねる。よく伸びるので30mlでもかなり使える。ちなみに、アロマオイルは使用期限が有るがおよそ1年。多分週に2-3回使っても30mlで結構持つ。

携帯に月何万も払い、毎日お菓子を食べるくらいなら1300円ほどで買えるリカバリーオイルは相当安い。しかも体のためによっぽどなる。本オイルの話は、「イナーメのオイルをレースで使ってみた」を参照されたい。

やはり食って体を回復させて、追い込む。追い込めないとは回復できてないか、オーバートレーニングかもしれない。目標の出力とタイムを出すために食っては回復の繰り返しである。回復こそ強くなってる時だ。それらを速やかに行う努力は怠らずに行く。

さて、今日も帰りにハイボールハマ行こうかしら。ツールドフランス見ながら精神の回復もしたい。

タイトルとURLをコピーしました