チーム練習のちアビアントでパン

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

本日は組み上がったマシンに乗る。まだ詳細は語ることはできないが、他のマシンに乗ることによってTarmacSL4が硬いことがわかる。昨日梅田店で「色々乗ってみればいいよ」と言っていた意味がわかった。

集合場所へ向かう時、コータローさんと会う。一緒に向かう。第一ステージ、何時ものペースで登る。さとちんと、コータローさんが出てきて、さとちんが後半引く。最後はコータローさんと掛け合って終わり。

コータローさんの走りはロマンがある。明日私もあんな感じで行こう。みんなを楽しませる走りだ。練習なんだから明日も全力で行くぜ。

第三終わった後は今日も下ってタケハル君と走る。おっさん達に果敢についてくる。やはり純粋に頑張ってるのはいい。

第二へ。おくださんと、坂本さんの波状攻撃に会い、着いてくのがやっと。なかなかポジション出てないマシンで踏むのは辛いと言い訳しておこう(笑
単純に弱いだけなんですががが。

第三もおくださんが消えて行った。

写真はコータローさんから。被写体がいい!とはFB上で言われず。皆「カッコいい、マシンがががが(笑」と。ま、そういう運命だ。「あなた達にはわからないでしょうねぇ!」と書き込もうと思ったが、ソーシャルはいろんな受け取られ方するのでやめた。

パン食って帰宅。

とにかく炭酸水。最近ちゃんとした和食店行くとちゃんとペリエとか置いてあって安心。炭酸水大好きな私としては嬉しい。ペットボトルならサントリーのやつが一番炭酸強くて美味いかな。海外ならサンペレグリノの瓶か。

にしてもこのマシン美しい。ちゃんと乗ったら感想を。確かにアメ車はちゃっちいと言われる。確かにその通り。ただ数値上は素晴らしい。短時間のレースならターマックだ。間違いなく。ただロマンはないな。

ボトルゲージも気を使う。アランデル。ロマンがある。にしても不思議なフレームだ。進むってこういうことを言うのか。不思議なことを書くかもしれないけど、このフレーム心臓にくる。ターマックは脚にくる。

自転車人体実験面白すぎる。

なぜタイムは心臓に来るのか?考察ネタできたぜ。明日はタイムとksyrium 125。確かに硬いホイールはかせた方がいいなコレ。

あとヘッドが硬いって聞いてたので、フルもがきでダンシングして、登りで引っ張りまくってたら、ブラケットカバーが破けるほどやってしまった。ハヤシさんに注文することに。追い込みすぎた。丁寧に使おう。

自転車って限界に来た時にその価値がわかるが、やっぱりレースに投入しないとわからん。にしても、足は残るが心臓に来る。なんだコレ。楽しい。明日は暑いからロマン氏と朝練西田橋六時。楽しみだ。

タイトルとURLをコピーしました