デザイナーコラボウェア第二弾BLACK MAMBAリリース。
詳細はこちら

最新を求めるか、郷愁を求めるか。

スポンサーリンク

最新を求めるなら、ケーブルが一切出ていないパチパチのディスクロード。油圧の電動ならば、もはやワイヤー自体がなくなってしまうので、オイル交換とバッテリてー充電だけ。ワイヤーが消耗するということもない。いずれディスクロードになっていくんやろな。

次期電動は、ワイヤレス化とトルクに応じた自動変速になると予想されている。ようするにオートマ車だ。

そういう意味では、ワイヤー、機械式、リムブレーキというバイクは過去のものなのか。いや、むしろ操作する楽しみを求めるライダーは少なからずいるわけで、マニュアル車を楽しむ車好きがいるのと同じことだ。車を操っている感覚はマニュアル車のほうが楽しい。

これからの最新バイクは、電動油圧になってくる。そうなってくると、ワイヤー機械式は、どんどんなくなっていくだろう。今手元にあるそれらのバイクは、いつしか価値の高い機材になっていくのかもしれない。VXRS WSをメンテして思う。何時の時代も名車と呼ばれるバイクは色褪せない。

コルナゴやTIMEは古さという価値がある。ふとしたきっかけで故郷に帰りたいと思う郷愁の気持ちを抱くことがあるが、フレームも同じなのだろう。VXRSをメンテナンスして、パーツ類を買えることにした。オーバーホール後が楽しみだ。まだ機械式とリムブレーキの古臭いバイクが良いと思えるうちは、自転車が好きなのだろうと思えてくる。