【リーク!】マチューがうっかりCANYONの新型AEROADを公開!→写真削除ww

スポンサーリンク

CANYONは新型エアロロードを開発中のようだ。マチューが、現行のAEROADと非常によく似てる黒塗りのプロトタイプフレームをテストしている画像がリークした。

リークした画像は画像は、Instagramのストーリー、マチューのStravaアクティビティで一時的に公開されたが、数時間後に削除された。マチューが乗っていることと、すぐさま削除されたことからCANYONのエアロロードの新バージョンと推測されている。

現行のAEROADと一見すると大きな違いはない。しかし、細部にはいくつかの違いが確認できる。最も印象的なのは、トップチューブとシートチューブの接合部分だ。現行モデルでは2本のチューブが直角に接続されているが、プロトタイプではこの接続部分が三角形になっている。また、フレームの内側に余分なカーボンが増えている。

おそらく、UCIの新レギュレーションを最大限に使った形状になるはずだ。また、横から見たヘッドチューブも少し細くなっている。また、シートステーにわずかな調整が施されているようだ。シートチューブへの取り付け位置も若干低くなっている。

AEROADは、TOUR紙や海外の多くのメディアが絶賛する一方で、UCIの新レギュレーションでフレーム設計の自由度が緩和されたこと、またAEROAD自体のフィッティング面、性能面の改善の余地があるのだろう。したがって、新しいAEROADの開発がすでに始まっていても、まったく不思議ではない。

新しいAEROADがいつ登場するかは、現段階では不明だ。

なお、CANYONはすでにUCI規定の限界を超えたAEROAD CFRよりも4.1W空力性能が優れたバイク「Geometry 19」を設計している。その記事は以下。

UCI規定の限界を超えたAEROAD CFRよりも4.1W空力性能が優れたバイク「Geometry 19」とは
AEROAD CFRには、わたしたちがいま目にしている製品版よりさらに空力性能が高いモデルが存在していた。コードネーム「Geometry 19」だ。Geometry 19は製品版のAEROAD CFRよりも、さらに4.1‬W空力性能が優れたバイクだ。 南ドイツのボーデン湖畔にあるGST風洞施設で行われた実験において、最速の結果を叩き出したGeometry 19は、フォーク、ハンドルバートップ...
「AEROADのここがいけてない」半年乗って気づいたこと
半年間ほどかけて、普段の練習からレースまでさまざまな天候でAEROADを試してきた。はじめはよくわからなかったが、次第に良いところも、悪いところも、徐々に見えてきた。AEROADは完全無欠のバイクではなかった。 確かに世界最速級のバイクであることには間違いない。しかし、ポジションの自由度の低さやフィッティングを受けたとしても調整できるパーツに限りがある。そして、シートポストの異音問題はずっと...
CANYON AEROAD CF SLX インプレッション ハイエンド譲りの超コスパバイク
CANYON AEROAD CF SLXは購入できる世界最速のバイクだ。上位モデルCFRのほとんどのパーツを流用しつつ、カーボンの素材を変更することでコストダウンを測っている。70万ちょっとで世界最速のバイクと最新型のシマノ12速電動コンポーネントを搭載したマシンが手に入る。
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックが検出されました。

IT技術者ロードバイクをご覧いただきありがとうございます。
皆さまに広告を表示していただくことでブログを運営しています。

広告ブロックで当サイトを無効にして頂き、
以下のボタンから更新をお願い致します。