富士ヒルクライム やっぱりギア無くなる

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

昨日は富士ヒルクライムへ行ってまいりました

スタート後は、長い3kmの平均勾配10%を登って行きます
道幅は広いので、緩やかにスタートします集団は次第に細くなり上からパラパラ人が降ってくるような感じです

E3は135名でスタートしますが、かなりの余裕がある道幅でしたので、適当に足のあう選手とローテーションしながら進みます
馬返しまでは九十九折が続きますカーブでは20%超えますので、ダンシングで交わし、直線ではギアを上げてスピードを稼ぎ、坂を進みます

勾配がきつくなると実業団のレースですら足ついてしまう選手がポツリといます
というか試走で私もやっちゃいましたけどね(^_^;)

もしくは、まっすぐ進めない為に蛇行する人もちらほら実際はこちらの方が早いらしいです

残り数キロが長かったですが、設定したスプリントポイントを発見しアタックをかけます
何人か抜いて最後の最後1mで一人抜き1秒差でゴール

一人でも多く抜く事は本当に重要と思います

結果は目標の20位に届かず35位
55:41

試走では1:06:30でしたからタイムは大幅短縮しました

今日は自転車掃除です

タイトルとURLをコピーしました