「トレイルに入るのは100年早い」

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

バイクコントロールを高めようとした時に、「トレイルに入れ」とか「シクロクロスやったら」とか「マウンテンバイク乗ったら」とか言うけど、あれは全部嘘だ。単純にバイクコントロールを身に付けるのならば、公園に行って基本的なドリルをやるほうが上達する。

ただ基本的なこと過ぎて、恥ずかしすぎて誰もやらない。いつの間にか「自称上級者」のロード乗りになってしまい、いつしかバイクを操る大切さを忘れてしまう。にしても、下手くそすぎて毎年この時期になると泣けてくるが、今回はよしくんとトレイルに入る。

まじで、いつもロード練習してるメンツに見せてあげたい。このすごさ。

フロントシングルで36Tとかやばい。私は30Tだから。ロードで言うと多分私が使ってるのが51T〜52Tぐらいで、よしくんが56〜58Tとかそんなビッグギア。


タイヤはREKON RACE 2.35。私も同じのにした。まずは使ってみないと。

私のs-works epic ウルトラライト。FOX34つけて、フルサス、バイクヨークのドロッパーつけて10.0kgとくそ軽い。

コンポはXTRの12速。しかしまぁ、MTBのコンポはやっぱりSRAMがええなと。新型の電動は最高に変速が早い。こっちに変えたいな。

また乗りに行きたいと思う。定期的に行かねば。

そういや台風の日は低酸素ローラー。自宅で体内のspo2を解析する装置と、エアチャンバー(45リットルゴミ袋)内の酸素濃度を測るオキシゲンアナライザーを導入。パワートレーニングと連動して、血中酸素濃度の傾向を詳細に解析できる。まぁ、効果は正直出るまでわからないところ。

ただ、いろいろためしてより、効率的に強くなれたらいいなと。後半戦もぼちぼち頑張っていくか。

タイトルとURLをコピーしました