2019 おっさんたちの夏休み in 岐阜

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

お盆休みもラスト。おっさんの夏休み最終章。合宿というより、毎年恒例の家族キャンプへ。昨年は大山だったけど、今年は岐阜の養老付近から走る。子どもたちは養老ランドで遊ぶ。その間おっさんたちは岐阜の山をうろつく。

明らかに大阪より涼しいし、信号が少ない。というよりも京都の隣という事を忘れていた。1日目はまったくかからず、かなり不調。体の悪い水分が抜けていない感じがして足の動きが悪い。終始、松木さん、奥田さん、キッコーさんが強い。私は千切れる。

一日目は特に良いところなく終了。買い出しして、養老ミートで高級肉を仕入れていざ本番のキャンプへ。

今年は虫が少なかったけど、刺されるには刺された。

かまやん、ひらたさんがお肉を焼く準備。

みぞさんは焼きそば担当。この後帰宅して翌日朝から勤務というスケジュール。本当にありがとうございます。我が家ではみぞさんが理想のパパ像なので、私も見習わないと。

お子様たちもお手伝い。夜は花火やら、なんやら色々夏らしいことをしてバンガローで就寝。娘の夜泣きで3回ほど起きる。翌日走れるんやろかと心配になりつつ1時間遅れでスタート。

コースは松木さんが引く。兜山という標高1000mのところまで登る。まじで終りが見えないが絶景だった。

ガレ場だけどパンクも無く、頂上へ向かう。

ラストのキャンプ場への上りは、2日目にして徐々に脚が回ってきてなんとか走れるように。松木さんに2日ともツキイチなのはアレなので、玉砕覚悟で前に無理やり出る。後ろについてたら最後まで行けるきもしたけど、出し切って終わりたかった。

7km 20分ほどパワー見ずに、とにかく出せるだけ出して、必死に走る。やっぱり最後は切れちゃったけど、また徐々に調子上げてけたらなと。

その後は、川遊び。

子どもたちにいじめられるの図。めちゃくちゃ涼しかった。

奥様方と子供ちゃん達には暑い中、待ってていただいてご迷惑をおかけしました。宿の手配から計画まで、松木さん夫妻ありがとうございました。BBQも皆さんに頼りっぱなしでしたが、本当に良い夏の想い出ができました。皆様ありがとうございました。

るるぶ岐阜 飛騨高山 白川郷'20 (るるぶ情報版国内)
ジェイティビィパブリッシング (2019-07-04)
売り上げランキング: 40,991
タイトルとURLをコピーしました