zwift やらん→なめてた→中毒

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

「zwiftでレース(;^ω^)?何いってんの?」

という、ことを思っていたけど口には出さなかったし、書かなかった。結果的にはそれが正しかった。何でもそうだが、実際に自分で経験しないと何もわからない。という知見を得られただけでも収穫だ。やらずして、試さずして挑戦せずして死ぬのは嫌だな。

自転車であとやってみたいのは、パンプトラックを走れるようになってみたい。周りにその道のプロライダーが居るのに、もったいないなと思っている。あとは娘が気に入るかはわからないけどはじめはBMXからかな。まぁ、好きなことに熱中できれば、なんだってええや。押し付けが一番良くない。

昨日も帰宅後に仮想の世界へ。通信トラブルで離脱する。

朝はBで。いけちゃんも居た。まだ、ピストと四本ローラーという装備でギアは48×14固定シングルスピード。それでも、ここ何年も固定ギアでやってきたから特に不満もない。ケイデンスで調整する。ピストの良い所は、そのギアの重みに合わせたトルク変動のスキルが身につく。

いわゆるロード脳にありがちな「スプロケがワイドレシオだから回しにくい」や「クロスレシオだから回しやすい」という概念自体が無くなる。確かにスプロケの構成次第では変速によってギア比が飛ぶが、ピストに乗り慣れてると、ギア比や負荷に応じて踏み具合を変えたり、バックを踏んで減速したりできる。

あとはすべての駆動がつながっているから、無駄な動きが減りペダリングスキルも身につく。とまぁ、自転車本来の動きとしては魅力的だが、原始的すぎてzwiftには向かないだろう。とはいえ、固定ギア、負荷変動なしでも全く問題なくアタックやレースについて行けるわけで。

ただ、楽しさやリアリティを追求もしてみたい。

いろいろ調べたが、kicker bikeって考えたら安いと思う。私は外で乗るバイクとローラーで使うバイクを分けている。理由は設置の手間や、変な負荷をフレームに掛けたくないから。なので、vengeを使うことはしない。それなら専用のローラー完成車を買うかな。

それを考えるとkickerアリだ。

とはいえ、先にグロータックの四本ローラをスマートトレーナー化したほうが賢いかも。

タイトルとURLをコピーしました