シクロクロスシーズンスタート。課題や練習見直しなど。

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

結論は、自分のバイクコントロールはゴミ以下で人一倍努力しないと前みたいに走れない。なんにも基礎トレーニングやって来なかったので、忘れてる。うまく曲がらない。結局、ロードやっててもエンジンだけ大きくなってまっすぐ進むだけしかできない。コーナーで離されていく。下手くそすぎる。

というのが理解できて良かった。

初戦は全くやる気が出なかった。去年の貯金でたまたま最前列スタート。この日優勝した村田さん、二位の前田君の横に並ぶ。正直、自分の能力的に最後尾スタートが適切。あんまり乗り気じゃなくて最前列スタート嫌だなと思った。この位置は今の自分がいる場所じゃない。ゼッケン番号の通り一番後ろから緩やかにスタートしていきたいと思っていたから少しもどかしい。

とはいえ、ここからがスタート。ある意味上がるだけだから気が楽。

試走とコースや空気圧などメモ。試走でFMBのタイヤに大きな釘が刺さり、舗装路でこけて、左足から流血、ハンドルとレバーが曲がる。ああ、何と言う幸先の悪いスタート。出走しようか悩む。基本的に今年はFMB sprintのスリックタイヤで走ることにしてるけど、FMB Slalomもやっぱりよく走るね。

自分の糞っぷりを記録しておくために、「あかん、もう帰るわ」と妻に言ってしまったが、こんな遠いところまで来てなに言ってんのよと怒られる。結局、妻は私のレースを一ミリも見なかった。「こういう時は、雑魚い走りしかしないと思うから。」おっしゃるとおり。

コースは相変わらずのウネウネ。パワーコースではないので単純にテクニックの差がでそう。路面は滑らないから、シケインとかsprintやグリフォっぽいパターンのほうがええんやろな。タイヤはsprintとslalom持っていたけど正解だった。できれば、スリックで走りたい。

目標はtop10やけど、メンツ的にどうなのか未知数。あとは、昨年課題だった60minのペース配分か。それでもzwiftやって砂場で基礎トレーニング走ってりゃええやと思う。

スポンサーリンク

レース13位

スタート直後、パックには乗らず一人淡々と走る。どんどん抜かれてしまうが初戦なので焦らず。8番手ぐらいで。丁寧に走るが、やっぱりコーナー遅い。単純に練習してないからかな。

30分過ぎたあたりで少し休む。そしたら後ろからめっちゃ人が来て抜かれたので、踏み直すことに。二、三人抜いてその後は焦らずに淡々と。心拍は120-130ぐらいと追い込めず。反省は回し方を忘れていた感じがある。以下反省点で追加練習する必要あり。気づきを得られたのと、いろいろと思い出せたからいやいやながらも出場してよかった。

超基本の回し続けてトラクションかけ続ける。立ち上がりでスピードにのせるためには、コーナーリングである程度の速度を維持する必要がある。コーナー入る前に減速しつつ、トラクションかけ続けながらコーナー回るなど。基本的にフィジカル面はそこそこなのでコーナーで減速しないようなスキルを身に付けたい。あとは、バイクを立てるか寝かすかまだ、あやふやなのだけど結局は理屈じゃなくて、タイヤの特性と空気圧の挙動を覚えて、体に叩きこむしかないよなーというのがある。

正直もう少し早く走りたいなぁと思いつつも、下手くそなのでひたすら基礎練習したいと思う。いろいろな発見と、自分のバイクコントロールがクソすぎるのを粗めで認識できたから本当に良かった。マジでごみすぎるから、今日からロードはベランダから捨てて、シクロクロスだけに乗ることにした。

昨日のレースまで全くやる気起きなかったけど、なんかまた成績出したいって思った。基礎トレーニングまた継続的に続けていこう。なんか、一気にやる気が出てきたけど、言葉よりも行動で示さねばならない。

折れ慣れてるので、愚直にトレーニングしていきます。

タイトルとURLをコピーしました