トレーニング SST MED 低酸素16.2% 60min

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

室内トレーニング用のピストのホイール。グランコンペハブ。毎日一時間、かれこれ二年使ってるけどまったくトラブル無し。ほんますごいねこれは。費用対効果最強なんじゃないか。質感もよく、日本製。耐久性が半端ないです。

やはり日本製で良いハブ出てきてくれないかなと。スイス製やアメリカ製に押され気味の日本製ハブ。良い道具を使うとトレーニングのモチベーションも上がるわけでメニューを。ぼちぼち低酸素を再開することに。にしても、地獄のきつさ。Spo2計測すると80-85ぐらい。90%以下になると呼吸不全なわけだけど、確かに意識が朦朧としている。

画面が見難くなって、細かいディテールが見えなくなってくる。脚の動きが悪くなって、パワーも落ちる。死ぬほどきつい。地獄。途中何度もめげるけど、これ耐えられたら常圧酸素は余裕だと言い聞かせて踏む。おそらく低酸素にすると10%は出力落ちる。なので、短時間高強度が本来は良いのだろうね。

どちらかというと、来季を見据えた下地作り。またコツコツメニューをやっていこうと思います。やっぱりzwiftのレースよりもメニューを地味にやっていたほうが合うね。

タイトルとURLをコピーしました