2セット目がキツイ理由を考えてみる。

二セット目が異常に辛かった。心拍が上がっている割にはかかりが鈍くなる。理由を探ると、筋肉の酸素供給量が少なくなってる。30×15インターバルの時にSmO2が10%以下まで下がる。今日はSSTの二本目にそこまで下がってしまった。酸素供給料が少なくなるのは、酸素を効率的に送り込めていないのか。

パフォーマンスコンディションを見ても後半は下がってしまった。数値としてわかるのは、SSTの場合酸素飽和度が20%前後であるのが通常だが、二本目は10%になる。送り込む酸素量は一定であると仮定して、筋肉の酸素消費が早まっている可能性もある。

できるだけ、筋肉を使わずエコノミーに走る方法で酸素消費を抑えられるか試してみよう。あとクリート位置も気になる。

引き続き仕事が忙しくて夜食べない生活。
体重は56.4kgに。まぁ、これ以上落とすと失敗するのわかっているので、無理に落とさないように強度上げてく感じで。次はエコノミーに走る方法を模索してみよう。