言動より行動

image

全てがクリアになりつつあるかのように、今朝の朝の空は雲ひとつなかった。

陰と陽があるように、破壊したものは再生する必要がある。

破壊に伴う痛みは負わなくてはいけないが、そこから学んだ事から、次の反省として何をしなくてはならないのか、どう生かすのか、決して無駄にしてはいけない。

ここで、反省しました、運が良かったです、という事だけで済ますならば、次はない。

二度目はもうない。

逆に、まとまりつつある段階で、
ここまでできた、だいたいできた
と、考えてしまうと、脳は思考をやめてしまう。

脳に悪い七つの習慣という、脳科学の本に書いてある。

だから、ゴールをゴールだと思わず、そこからがやっと始まりなのだと考えなくてはならない。

到達点は、問題が解決することではなく、欲しいものをてにいれたことではない。

常に進むためには、試行錯誤が必要だ。
9割の思い通りに行かない事象と、1割の成功でいい。

今色々なことが収束に向かっている。

でも、本当に実行していくのはこれからだと思う。

タイトルは、昨日胸に響いた言葉。

言うは易く行うは難し

という事につきる。