使える筋肉をつけるには

先日、日本のトッププロの方と偶然にもご飯をご一緒させていただいた。スクワットを体重の3倍とかさすがにクレイジーだ。

今日はウェイトトレーニング。今週は東京シクロクロスなので月曜日に筋トレをしておく。10min 200Wやって体を温めてから。スクワット80kg,85kg,90kg ,ランジ50kg, レッグプレス片足45kg, 腹筋背筋60, それぞれ10回x3セット、最後はバイクこいで終わり。

ただ、この筋肉って使えなきゃどうしようもない。プライオメトリクスの本を読んでいるが、やはり自転車にはこちらのほうがマッチしている。確か、辻選手の幅跳びもプライオメトリクス的な動きなのだろう。初めに最大の負荷がかかり、あとは負荷が抜けていく。

爆発的パワー養成 プライオメトリクス
J.C. ラドクリフ R.C. ファレンチノス
大修館書店
売り上げランキング: 115,559

ウェイトトレーニングとは全く別物だ。ただ、私の場合体幹の筋肉が相当劣っているので筋肉をつけない手はない。実はマウンテンの登りであのハンドルを引く時に明らかな筋力不足を感じた。そしてシクロクロスで前ハンドルを抑え込む力のなさを感じた。ロードだけでは気付けなかったことだ。

冒頭の写真の松木さんの体幹はいつ見てもマグロのように厚い。対してペラペラな私。並べると一発で違いがわかる。一緒に風呂入ると岩みたいな体をしている。サラリーマンレーサーでおそらくTOP5に入ると思うけど、あの体幹があのパワーを生んでいる要素なんじゃないかって思っている。

今年は通常のトレーニングにプラスして、例年と全く違うことをやっているが、去年と同じことをやっても過去数年の結果と同じになる。今年はゴール前の勝負できちんと絡めるように準備をしたい。というか、もう来月からロードシーズン始まるんだよなと考えると、ホントあっという間に始まって終わっていくんだろうなと思う。

毎日コツコツ1mmづつ進む。凡人にはコツコツ、着実にそれしかあるまい。

凡人でもエリートに勝てる人生の戦い方。
星野 明宏
すばる舎
売り上げランキング: 299,337