パイオニアペダリングモニター105がコンビニで受け取れる時代にwww

パワーメーター黎明期を思い出すと、海外のサイトから購入したり、海外送金したりととにかく入手困難だったことを思い出す。私がPower2Maxを国内に初めて持ち込んだ時も、SRMやPowerTap、Quarqといったパワーメーターしかなかったように思う。その頃の思い出といえば、とにかく入手が難しかった。

ところがパイオニアペダリングモニターが発売されてからというもの、日本国内におけるパワーメーターの人口は爆発的に増加し、シリアスなサイクリスト以外にもパワーメーターは普及した。故障してもEMSで海外に送り返さねばならないなんて事もなく、適当にコンビニからパイオニアのカスタマーセンターへ送れば良い。

なんとも、便利な時代だ。

その便利さに拍車をかけるかのごとく、パイオニアペダリングモニターは地味に(ひっそりと)販売方法を試している様子だ。それはAmazonでの販売である。105グレードの170mm左クランクとセンサーがセットになったアーム(そうStagesのような)タイプを単品販売している。

この105クランクの場合、ULTEGRAやDURAグレードのセンサーのように一度センサーをパイオニアに送らなくとも、現在使用している105クランクの左と差し替えるだけだ。はじめからクランク170mmとセンサーが備え付けられた完成品が送られてくる。

そのため、発送、取り付け、返送、という時間の間練習や、ライドができなくなる心配もない。冒頭の写真の状態のまま送られてくるのだ。そしてAmazonならではの受取方法で「コンビニ受け取り」がある。試しにローソンでパイオニアペダリングモニター105を受け取れるか確認した所・・・

コンビニでパワーメーターが受け取れる。。。しかも次の日に。時代はパワーメーターのコンビニ受け取りができる所まで来た。ちなみにFC-5800のQ-Factorは146mmとFC-9000(DURA)と同じである。。ということは今FC-9000を使っていて「明日ちょっとパワーメーター使うわ」って時にコンビニ受け取りで簡単に入手してポン付けも可能だ。

FC-6800(アルテ)のQ-Factor は146.6mmであるが0.6mmきにしなければ、こちらもポン付け可能である。とりあえずTTバイクに取り付けたい、パワーメーターを試してみたい人は、テキトーに買って取り付けてみてほしい。

146mmのQ-Factorを持つクランクはFC-9000, FC-5800, FC-6700, FC-5700,と過去のクランクも同一のQ-factorを備えている。なお、クランク単体以外にも、各種保守部品も揃っているので気になる人は是非確認してみてほしい。

TTのDHバー用もあるんや・・・。

マグネットパッチも発見。