インターバル練習考察 30×30 8本から 120×120 5本へ。

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

トレーニング日記最近書いてなかった。毎日一緒やったから。変化したのは心拍で、起床時31、ローラー乗る前がレーパンはいたり少し動くので大体35ぐらい。調子上がってきた。

土井選手の書いてた本で紹介されてた二分間全力走(大体FTP140%)がこの世のものとは思えないほどきつい。というのも、今まで30×30 8本でFTP150%が最高に悶絶だったんだけど、さらにその上を行く辛さ。本気でやばいが、いろいろ調べるとかなり自分のほしいところを伸ばせる。二分間FTP140%メニューを五本、ぜひやってみてほしい。。

きらら浜以降GW明け三週間中3日ひたすら夜にこのメニュー。やると決めたらやる。昨日は最終日。22時過ぎになるかなと思っていたけど、21:20に帰宅して、6分で着替えて、21:30からスタート。アップ10分で一気にかける。工業用扇風機とエアコンドライマックス。

このメニューのキモは「後先考えずに全力で140%に滞在すること」そんだけ。「あとのメニューやれなかったら、、、」と考えて強度落とすのは負け。120秒、5本勝負(キリPから誤字発見してもらいましたありがとう:D)。やるぜ。

二分走のいい所は、おそらく心拍がマックスまで上がる。正直30×30で先に逝くのは脚だ。呼吸器系へのダメージは本数と長い期間をこなすとかなり楽になってて、最近ではジロデイタリア見ながら展開を理解しつつ30×30してる。ところが120×120は本気でよだれたれて、胃の中のものが上がってくる。本気できつい。

二分走のイメージはアタックがかかりまくって、止まないレースを走ってるかのよう。また、スピードトレーニングにもなるだろうから、30×30やりすぎて慣れちゃった人は120×120やってみて。ほんとに違う世界が見られる。レースとコースにもよるけど、ロードレースなら120×120結構おすすめかも。

内容はこちらに書いてあって120×120を五本って書いあるだけだから買わなくてもいいと思うけど、とにかくロードレースのアタック合戦の辛さを凌ぐのにはすごくいいメニューだと思う。というわけで、三週間トレーニング日記書かなかったけど、朝はSSTx2, と30×30 140% 20本、夜は120×120 5本で一日のTSS120ぐらいだった。しっかり準備出来たし、美山は昨年よりも良いリザルト出したい。

今年はC1でシード選手なのは自分でもびっくりなんだけど、松木さん、井上さん、シマノレーシング、寺崎選手や、ゴローさんも出るから自分がどこまでやれるか確認したいところ。E1のレベルは遥かに超えてるから、今年一番きつそうだ。

土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング
土井 雪広
東京書籍
売り上げランキング: 38,252
タイトルとURLをコピーしました