大阪は雨でも、東京は晴れてる。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

雨だと走らない人がいるけど、走らないとわからないこともある。次のレースは毎年雨だからむしろ好都合。タイヤのグリップ、空気圧、ディスクの効きなど、晴れているときにはわからないこともある。あとはエネルギーの消費も激しくなる一方で、ドリンクは少なめで良いなど雨特有の傾向もある。

あとは、大阪は雨でも、東京は晴れてて練習してるというのは大きい。雨で休んでいても、晴れている地域の人は走ってる。その分差がつく。雨の経験が少なければ、レースで待た差がつく。「雨でも準備してきた」というのは、雨のレースを走るための自信にもつながる。

雨の日を走るための装備としては、「視認性の高いベスト」「ベロトーゼ」「アスセーバー」「レインジェル」が定番だ。私はこの時期にレインジェルとCXオイルを混ぜて使っている。

あとはタイヤだけどやはりGP5000が優秀だ。雨天でのグリップも良い。

今週も周回コースでトレーニングを行う予定。いろんな人が集まって来てくれるから本当に感謝。「北摂練」は参加自由ですが、3時間ノンストップなので補給等を万全にしてきてください。トイレ休憩も、補給休憩もありません。明日は天気は持ちそうな予報。

最終戦に向けておいこむぞ。

タイトルとURLをコピーしました