L2.5 夜練して朝練 朝簡単に起きる方法

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

さて今日も胡散臭いタイトルで。

本で
三分で変わる~ とか
~しなさい本 とか
誰でも簡単に~ とか

マジで信用ならんな。
それなら、タイトルとして

食事制限と休日300kmのLSDで確実に痩せる!

とかのタイトルなら売れないけど好感が持てる。

22:40頃帰宅。
そっから、ほうれん草安かったから調理する。

最低限補給して、夜練
15min L2.5
どちらかというと血液循環。

朝は簡単に起きれる技を編み出してからというもの簡単に起きれる。

胡散臭い?
最近思うのだが、人によって違うと思う。
書いてあること、聞いたこと、調べたことを自分でやって見て良い悪いを判断してダメなら次、ってやっていくしかないと思う。練習でも仕事でもそう。
よくあるのが、『わたしには合いませんでした。最悪。』とかいう類。

アップルストアのアプリの評価のような。
情報を湯水のように浴び、文句しか言わないユーザーは受け身でまさに自分で何もしていないんじゃないかと思うのだ最近。

色々試してみればいい。
あ、仕事の話になってもうたわ(-。-;

R&Dという言葉があるけど、調べて、開発するのは良いものを作るための基本だ。

頑張ってますから、努力してますからというのは意味をなさない。

あ、また仕事の話しだ。自重する。

さて、起きる方法は簡単。
iPhoneでいう所の
アラームで時間でセットするのではなくて
カウントダウンのタイマーで時間をセットする。
そして寝る前に例えば六時間て体感でこれぐらいだよな?と想像する。
仕事で会議はあと一時間後か。という時間の感覚と似ている。
そうするとだいたい、二分前くらいに起きれる。

こちらの方が目覚めがいい。
アラームは受動的起床
タイマーは主体的起床

のような気がしている。

そして朝。
体温をあげるためにダウンを着て、
乗る。

三日坊主ではないようだ。
というか昨日の低周波治療器マジで効く。
今度ご紹介したい。
もう少し使ってから。
チェンマイ仕込みの師範から、冷やしてからあっためるといい
とお聞きして、低周波や温感治療できるやつを買った。寝る前に膝回りを治療。はじめ使うとビビる。ぎゅーって筋肉を引っ張られる感じ。

買ったのは出張前だからわりと眠らせてた。

200w程度でたんたんと。
L2.5 40min

乗る。

まだ重たい。

主体的に動くこと。

タイトルとURLをコピーしました