「弱虫」でも強くなる!ひとつ上のロードバイク<プロ技>メソッドの感想

非常に感想が書き辛い書籍だ。仕事に置き換えて表現するなら次のようになるだろう。「上司の技術書に感想を述べよ」と。なんともやり辛い。もしかしたら、記す内容によっては個人携帯にお叱りの電話がかかってくるかもしれない!

と、ここまで書いたが著者の山崎さんはそういう人ではない。所属するクラブシルベストのチーム代表であり、輪界で名の通った方であるが親しみやすい人だ。ここまで近しい方が書かれた本に対して「レビュー」なり「書評」なんてとてもできない。

と、思わずに今回も書こうと思う(笑。おそらく私が書く内容にはバイアスがかかっているかもしれない。ただ、一個人のサイクリストとして読んだ感想を記していこう。ある種一番近しいチーム員の感想も、読みたいはずだ。

スポンサーリンク

「ロードバイク」を知る本

本書の対象は実業団選手や、ストイックに鍛錬を重ねる選手も参考になると思うが、それよりは広範囲のロードバイク愛好者に向けて書かれた書籍である、というのが率直な感想だ。

ロードバイクについてもっと知りたい、何から始めたら良いのかわからない人、さらに強くなって行くにはと、ロードバイクに乗るための羅針盤のような内容になっている。では、競技に取り組んでいる人には参考にならないか?と言われれば、そうではない。前半の入りやすい機材や自転車選びに関する導入部と、後半で紹介されるトレーニング方法と守備範囲が広い。

本書は、自転車を始めた時に存在していたらよかったなと思える本だ。私が始めた頃は、著者のバイアスがよく効いた本が散見され、よくわからない内容だった(注: ゲタはいて自転車乗ってる人のことではない)。

自転車を初めて、さらにそこから一歩踏み込んで行く時にも本書は助けてくれる内容になっている。手信号や声かけの重要性も記されており走行におけるルールがわからない人には図解でやり方が記されている。

停止の合図、減速、対向車が来た時、黄色信号の時、どのように行動し、声を発するのが良いのか。今一度ロードバイクの安全に関しても初心に帰って確認したい事項である。

編集者の浅野氏

ホッとしたのは、「ゴーストライター」ではなく山崎さんが綴る独特の文章が見られた事だ。独特の言い回しや書き方の癖が出てたのが書籍としてよかったなと。Web上に公開されている『これはええよぉ』や各種自転車雑誌をよく見ていると山崎さんの親しみやすい文章や文体はしっくりくる。

ただ、今回は書籍という媒体として世に出るわけだから、ある一定の校正や編集も入るだろう。というわけで、巻末に何気なくページをめくるとそこにはこう記されていた。

「浅野真則」

あのライター浅野氏である。国内では数少ない「本当に走れる武闘派ライター」と勝手に呼んでいるが、現役E1選手として実業団で走っている。同じチームで走り寝起きをともにした仲だ。当然山崎さんのことも一番よく理解したライターと言えるのではないか。

まとめ: ゆりかごから墓場まで

本書を一言で表現するなら私はこう記すだろう。「ロードバイクのゆりかごから墓場まで書かれた本」と。ロードバイクの楽しさと、魅力について語り、機材の楽しさ、そして機材沼の深さをやんわりと語り(笑、最終的には60歳まで実業団で競技者として走るノウハウが詰め込まれている。

当初、山崎さんの自叙伝的なものを想像していたが、本書はサイクリストの「あなた」に対して書かれた指南書と言っていい。競技者として、サイクリストとして、そして技術者として書かれた「弱虫」でも強くなる!ひとつ上のロードバイク<プロ技>メソッドには山崎さんのロードバイクに対するメソッドが散りばめられている。

当チームではこんな事がよく言われている。「山崎さんの歳までは自転車を辞められないなぁ」と。本書は、その時が訪れる日まで読み続けられる息の長い書籍である。

追記:よろしければFBページに読んだ感想などを聞かせてください。
ご本人も読まれていると思います。(←先ほど降臨した模様)

なお、販売形態はキンドル版と紙媒体両方で購入が可能だ。

「弱虫」でも強くなる! ひとつ上のロードバイク<プロ技>メソッド (SB新書)
SBクリエイティブ (2015-06-27)
売り上げランキング: 106

紙媒体

「弱虫」でも強くなる! ひとつ上のロードバイク<プロ技>メソッド (SB新書)” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
山崎 敏正
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 48