能動的にやるために必要なこと

どうしても受け身で物事に取り掛かると、毎回毎回後手後手になってしまう。事務作業というのはどうも苦手で、毎回遅れる。おそらく当事者意識があまりないからだろうか、やろうと思っていても遅れてしまうしまつだ。

言われてからやる受動的なやり方ではどうしても遅いので、能動的にやるにはどうしたら良いのか考える。人に言われてからやるのはどうも苦手なので、能動的に自分自身で期限を設けてそれに従いやることにした。

人に従ってやるとどうしても当事者意識があまりないから、自分で計画して、自分で実行する。「自分で決めて、自分でやる」ってのが一番良い。練習もそう、人生もそう。自分で決められる範囲は自分で決める。

スポンサーリンク

朝練は停滞気味

「君はこれをやりなさい」と人に決められ続けてきた人は、「どうしたらいいですか?」と人に物事の判断を委ねる。それでは、なんら自分の意志は無い。人の意志が自分の意志にすり替わっている。それではなんともつまらない人生だ。

そうではなくて、自分で計画して、自分で責任を持って、自分で行動する。アタリマエのことなんだけどなかなかできない。とは言うものの、自分で決めたから納得がいく形でやることができる。朝練もそうだ。

今日は250Wを出すのが辛かった。疲れている感じもする。全体的に眠い。最近眠りが浅いのかよく夢を見る。起床は5:38。二分前に勝手に目が覚める。7時まで回す。とにかく辛い。ただ、こういう日もあるんだと言い聞かせて、淡々と回す。こういう日もあれば、突然かかる日もある。

重要なのは自分で能動的に決めて、継続することだ。誰も代わりに決めてくれないし、代わりに練習もしてくれない。やるのは自分だし、やるのはあなただ。結局は自分自身をコントロールして、やり続けられる人が高みにいけるのかもしれない。

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける
アンジェラ・ダックワース
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 101