良いトレーニング、無駄なトレーニング 科学が教える新常識

今年初HIT本

かなり読み応えがあります。文章のみの論文400冊分のデータから構成されています。

内容はHIT違いでHIT(High Interval Training)の練習方法等、

胡散臭い内容は一切ない論文に基づいたトレーニングをいろんな数紹介しています。

中でも持久力とパワー向上のトレーニングで最近盛んに行われているHIT

30秒〜数分の高負荷トレーニングを8〜10本し持久力などの向上を図る最新?のトレーニング方法について言及しており、

長時間運動と短時間インターバル練では

両方持久力の向上が見込まれる

けど

実は体で起こっている変化は異なっている。
この変化までは存じ上げませんでしたわ

本書の論文によるとインターバル練では体内の違う仕組みが強化され
持久力向上につながる。

というのも、持久力には2通りの向上の仕方があり、

インターバル練で向上できる持久力は、長時間エンデュランスで向上できる持久力とは異なる
ことを初めて知りました

インターバル一辺倒の人は読んで損はないと思います。

先日、某◯ルベストの先輩がブログで言及されておられたことが、まさに同じことが載っていて

やはり経験から体で体験したことなんだなと思いました。

あとはランスのvo2maxは他の選手でも値は同じくらいの人がいるのに、なぜ早いのかなど、、

この本の難点は発売間もないのに店頭販売も少なくて、
Amazonでも売り切れで定価の倍の価格が付いている
とりあえず、Amazonで五日程度で手に入る。