どうやって強くなっていくか

スポンサーリンク

スカイロンの調整をしてるけど、土日はアクティブフォークに変えて走ってみよう。やっぱりこのバイクはアクティブフォーク使って真の性能が出る、と勝手に想像している。にしても、デフォルトでTimeのフォークは完成されているから、全く問題はない。

結局、機材の絶対評価は人間にはできない。機材インプレッションの時には「〜と比べて硬い」だとかそういう相対評価しかできない。あと、タイヤやホイールを普段使っている物にしないとフレームの感触はつかめない。だから雑誌のインプレッションは相当怪しい。

タイヤをチューブラーやラテックスにしただけでフィーリングが全く変わるからフレームの感覚なんて打ち消されてしまうだろう。そんな斜め読みをしつつ一週間毎日も感触を確かめに峠へ。大体毎朝STT260W程で22分峠を走る。これを今週は毎朝5:30スタートで。

スカイロンは確かに硬いんだけど、ガチガチの硬さじゃないんだなって事に気づいた。硬いけど跳ね返す硬さではない。これは筋トレしてるからなのかはわからない。木曜日はジムへ。スクワット125kg,130kg,135kgマジ死ぬ。

ランジ90kg 10×3で懸垂、ローイングやって腹筋。もっとバネ的なちからも付けないとだな。そういや、先日バンク練習してた時に神々しい日の丸のジャージを着ていらっしゃった方が言っていた事が興味深い。

「日本人は体重を落としてパワーウエイトレシオ上げようとするけど、まずパワーを上げるトレーニングが本来は先」

上げるのはパワーが先。確かに佐野選手はあの大きな体で登る。平坦もクソ早い。本当に強い選手は大っきくても登れる。どうしても体重を落としてしまいがちだが、ヒルクライマーではないのでその辺は今年注意したい。

筋トレを始めて四ヶ月。始めは40kgから始めたスクワットも135kgへ。コツコツやって今度は自転車を進める力にしたい。

サイクリング解剖学 (スポーツ解剖学シリーズ)
シャノン ソヴンダル
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 224,179