ヒートテックを山岳ガイドが使わない理由

記事をシェアする

geo

ヒートテックは条件次第では使わないほうが良い場合がある。冬でも汗をかくスポーツのランやロードバイクに乗る人は、冬でもヒートテックを使わない方がよい。理由は、北アルプス周辺の山岳ガイドから教えてもらったほんの些細な(しかし生死を分ける)インナーウェアの話である。

私は過去に、冬山を案内する手伝いを9年間ほど携わっていた。普段我々が生活する町中と違い、雪山はそれらとは異なる過酷な環境下だ。そのなかで様々な経験し先輩から様々な知恵と教えを受けた。そこで知った生死を分けるインナーの話をここで紹介したい。

ここから私が記す事は、もしかしたら人によっては必要ではない話かもしれないし、冬でも大量に汗をかく活動量の多い人には必ず知っておいたほうが良い情報なのかもしれない。さまざまな読者のタイプが存在するかもしれないが、この話をこの冬の備えにしていただけたら幸いだ。

スポンサーリンク

インナーひとつが、生死を分ける

冬の山に入ると文明の利器は何もない。いまでは雪山と言えど携帯電話が繋がるようになったが、そんな野暮なものは緊急時以外使わない。娯楽がないので人と人とが会話をするわけだが、毎回話題になるテーマがある。それは体に身に着ける「装備」についてだ。生死分ける山の装備はいつも話題のマトだし、常に気を使っている。

話題に上がる理由はとても簡単だ。身に付けるもの、そして身につける素材の違いで生死があまりにも簡単に分かれてしまうからだ。

特に重要な装備といえば、体に一番密着しているインナーウェアである。極端な話ではあるが、普段行われる活動量が多いランニングやサイクリングといったスポーツを実際におこなっても、「凍死する」事はまずありえない(余程の寒冷地に行かなければ)。しかし、冬山の場合は、多くの活動量による発汗が問題になってくる。

山(夏冬問わず)において、体温の低下は人間にとって死活問題である。そのため一番肌に密着している素材が影響してくる。昔からよく使われていたインナーウェアの素材は「ウール」だった。しかし近年の装備の進歩は目覚ましく進んでおり、身体を保温し、汗を排出し、かつ体温を低下させず体を守るかを命題においた、高機能インナーの開発が進められている。

実は私もヒートテックを使っていた

そんな雪山の事を知ったかのような私も実は、そこまでインナーウェアの重要性なんて、これっぽっち知らなかったのだ。今だから正直に言おう、私もヒートテックが出始めたころ(CMでも盛んに見ていたので)雪山で愛用していたのである。別に悪いなんて微塵にも思っていなかった。むしろ「命を守る装備」として身につけていたのだ。

そしてある日、冬山に行く際に、いつもの装備の話になった。その時に私の装備を聞いた先輩はこんな反応をした。「え、なに、ヒートテック使ってんの?」、「君、素人さんか?(笑」という反応を受けた事を今でも覚えている。

この話は入山する前の準備段階の時だった。私はもちろん反論する。「暖かいし、ヒートテックだから大丈夫」」と言い返した。しかし経験豊富な先輩はたしなめるように続けた。「ヒートテックを使用する場合、むいていない条件がある」と。その条件がどのような条件下と言えば、「気温が低い条件下で、発汗する場合」だという。ヒートテックはそれらの条件下では、非常に不向きなインナーウェアであるということだった。

しかし、暖かいはずのヒートテックを活動量が増える場合に着用してはいけないのは、なぜなのだろうか?

ヒートテックの素材に理由がある

各社のインナーを構成する素材に着目し、内容を以下の通りまとめた。はじめにユニクロヒートテックの素材についてだ。ヒートテックは様々な製品が存在しているが、これから紹介するのは一般的なアンダーシャツタイプを掲載している。

ユニクロヒートテックに使われている素材は以下の通り。

  • 34%ポリエステル
  • 34%レーヨン
  • 27%アクリル
  • 5%ポリウレタン

「レーヨン」という素材に着目してほしい。このレーヨンはよくある人工繊維で植物繊維から作り出した天然素材の原料から構成されている。レーヨン自体の特徴としては「肌触りが良く感じられる」といった利点はあるが、吸水性が高いという性質から、発汗が大量に行われると「吸水率が飽和」してしまうという欠点がある。

そして結果的に「乾くのが遅い」という特性があるのだ。この「乾くのが遅い」というのが外気温の影響で汗冷えを起こし、体温の低下につながる。したがって3割もレーヨンが入ったユニクロのヒートテックは、特に汗を多くかくスポーツ、体温の低下が生死を分けるようなシチュエーションで使うのに適していないのだ。

ここで私はインナーをいく種類か使っているので、各社の素材を確認してみた。

ヒートテックセンサーの素材

パールイズミというウェア専業のメーカに「ヒートテックセンサー」というヒートテックの類似製品がある。ユニクロの製品を模造した「ヒートテック」か?という安易な発想をしてはいけない。そこには”素材の落とし穴”がある。パールイズミの「ヒートテックセンサー」の素材を確認してみよう。

パールイズミヒートテックセンサーの素材。

  • ポリエステル89%
  • ポリアクリレート系繊維11%

キャッチコピーとして、「汗をスムーズに拡散し、ウェア内部の蒸れを防ぎ、身体を冷やしにくくする効果もあります」とある。ヒートテックだがこちらはまったくレーヨンは全く使われていなかった。

教えてもらってから愛用しているインナー

冬場の発汗に対する死活問題は、「登った後の下りの汗冷え」からくる体温を低下や、寒さだ。では今何を私が使っているかというと、その時代替インナーとして教わった「モンベルのジオライン」である。今年で8シーズン目で、今でもその性能に惚れ込んで好んで使っている。

ユニクロのヒートテックと比べると体感できる”あたたかさ”に雲泥の差がある。ジオラインは実は過去にも紹介させてもらったが、知らない方もいるので少し触れておきたい。このジオラインは確かに汗冷えが極端に少ない。ただ、ここで色眼鏡なしにインナーウェアを評価するならば、汗をほとんどかかない普段の日常生活には、ヒートテックのほうが価格面でも、性能面でも有効であると考えられる。

しかしスポーツをする人が使う条件は「汗をかく普段以上の活動量」であり発汗も当然多い。山も登ると、活動量が増え発汗する。そして登っている体が暖められる。ここまではよい。しかし下りは活動量が減るが、汗はまだ衣類に溜まったままの場合が多い。実際に経験されたかたも居るかもしれないが、そこで身に起きる汗冷えが一番つらいのだ。

汗をかくスポーツを冬でもされる方は、結果的に条件が異なれば使用するインナーも変わってくることを知っておいて欲しい。そうすれば今年の冬は安心して過ごす事ができる。山では人一倍「汗冷え」についての対策と知識が必要になってくる。特に活動量が多いならば、私は自身の経験からヒートテックよりもジオラインをおすすめしたい。

私は過去の経験から、冬場の使用インナーとして実際に使っている。本製品は条件に応じて3グレードある。ラン、自転車は一番薄手で問題ない。普段の生活のインナーウェアとしても十分だ。本当にに厳冬期はEXPを選択しているが日常では必要ないだろう。南極へ行く際に使われていた程だから。

インナーウェアは非常に重要な装備だ。しかし、素材にまでしっかりと目を向けて自分に「条件に本当に適した」インナーウェアを選択して欲しい。

本記事をブクマする。

このエントリーをはてなブックマークに追加