誰も興味がないであろう、私のトレーニングまとめ1週間

誰も興味ないだろうけど、自分のメモのためにトレーニング一週間をまとめ。当ブログに訪れる人のほとんどは、私の練習なんて興味ないはずだ。でも書くわよ。というよりも、レースに出て結果を出すのが一番やりたいことで、文章を書くということは一つの精神安定剤的な意味もある。

あとは頭の体操だろうか。物事を深く考える時は、手を抜いたり短縮したりしてはならない。あと、一度書き上げたら何回も何回も見直す必要がある。一筆書きで書かれた文章ほど読みにくいものはない。きちんと清書して、読みやすくなるまで、何度も、何度も加筆修正する。

そうやって、途方も無い作業の積み重ねが、皆に面白いと言っていただいたり、読んでくださったりする基本材料になる。毎日あなたの貴重な時間を使って、この得体の知れないブログにアクセスしてくれること自体奇跡だ。24時間のうち、ほんの数分、だれかの時間を使うならば、そうそう手を抜けやしない。

あ、本日の本題は今週の練習まとめだったので話を戻そう。

スポンサーリンク

ジムと朝練五月山

梅雨に入り雨が多くなった。雨はサイクリストにとって絶好の「いいわけ要素」だ。雨が降ったから今日は練習お休み、朝練お休みと安堵する。その時点でヤワなメンタルでは強くなれない。もしかしたら、大阪以外の、例えば関東の上の方では梅雨入りしていないかもしれない。

全国に散らばる多くの競技者たちは、こちらが雨でも、晴の中走っているかもしれない。自分の手の届く範囲の中でしか物事を捉えられないと、本質を見失うことがある。視野を広げれば当たり前のことなのに、自分の生きてきた経験のモノサシしか使えなくなる。雨なら筋トレとエアロバイクだ。

筋トレは体の使い方ひとつで重いものをあげられたり、フォームひとつで怪我をしたりする。スクワットは120,125,130で上げていく。ガチムチのおっさんに「にいちゃん、華奢なのによう上げるののう!」と言われ、サウナでは、「にいちゃん、よう焼けてるのう!」と言われる。

様々な資料を見ていると、筋肥大させずに筋力を上げる方法がサイクリストにあっているらしい。とすると最大6回の6RMで3セットが良い。となるともう少し負荷を上げたいところだけど、補助ついてないと怖くてできない。

筋トレして帰るとぐっすりだ。

平日の朝は毎朝五月山へ。朝は時間が限られているのでこちらになる。20分ほどをIF93-95で登る(IFは100目指す気持ちで)。IFはペダリングモニターで最近一番見ている機能。頑張ったか、頑張ってないかすぐにわかる。

今日下山する時に草さんと会う。一瞬誰かわからなかったけど、雰囲気で。

来週からいよいよ西日本ロードが始まるが、しっかりと準備して最善の結果を求めていきたい。

ロードバイク パワートレーニングの教科書
須田 晋太郎
洋泉社
売り上げランキング: 36,632