【速報】UCI機材リスト最新版に謎のROVAL ALPINIST CLX 33mmとRAPIDE CLX 51mmが掲載!

スポンサーリンク

WS000021

UCIの認可機材リスト03.04.2020にROVALの新型ホイールと思われるホイールセットが掲載された。

  • RAPIDE CL 51 mm rim 21 spokes
  • RAPIDE CLX 51 mm rim 18 spokes
  • ALPINIST CL 33 mm rim 24 spokes
  • ALPINIST CLX 33 mm rim 21 spokes

これは間違いなく、ツール・ド・フランスや今年開催されるはずだった東京オリンピックに向けた新型ホイールと言える。>RAPIDE CLXのリムハイトは51mmだ。既存のCLX50よりも1mmリムハイトが高い。また同じくALPINIST CLXもCLX 32より1mm増加させた33mmリムハイトだ。

WS000022

ROVALのホイールをよく知る人ならば、このモデル名は過去に使用されていたモデル名であることに気づくだろう。私自身もRAPIDE40を使用していた。ALPINISTはローハイトの軽量ホイールだ。いまだスペックは不明だが、TERRAに採用されたリム技術が流用される可能性は高い。

また、ハブはDT SWISSが25年ぶりに刷新したハブシステムの「RATCHET EXP」が搭載される可能性が高い。特徴としては、既存のラチェット式よりも部品点数が減ったこと、ベアリングの間隔を広げ剛性がアップしたことが上げられる。すでにDT SWISS 180 EXPハブはリリース(約12万円)されており、2020年にリリースされるハイエンドホイールはDT SWISSのRATCHET EXPが搭載される見通しだ。

なお、ここだけの話だが、現在私が開発に携わっているホイールも「RATCHET EXP」のDT SWISSハブを搭載している。・・・というどうでもいい情報を自作自演リークしておこう(誰得)。

以下に海外のサイト「weightweenies」に寄せられている情報を掲載した。なお(当然だが)SPECIALIZEDから正式な情報が出回っておらずすべて噂の憶測でしかない。ただUCIの機材リストには明らかに現在ラインナップにないリムハイトのホイール名が掲載されている。それだけが現段階での事実だ。

スポンサーリンク

WEIGHTWEENIESのウワサ

I just heard of an Alpiniste CLX version, the successor of Alpiniste SL carbon which only weighed a bit more than 1kg (officialy 1060g I think) Will most likely be a superlight climbing wheelset.I guess they will be released in April or May.

(Alpiniste CLXはAlpiniste SLカーボンの後継モデルだ。重量は1kgをわずかに超えるだけで、正式には1060g程になると思われる。おそらく、超軽量のクライミングホイールセットだ。4月か5月にリリースされる。)

事実かどうかは定かではないが、1060gである。もはや意味不明な重量だ。

いまだ不確定な情報が多いが、間違いなく51mmと33mmのホイールは近いうちに登場する。その時期は定かではないが、世界的に問題になっているコロナの影響でリリースは遅れるかもしれない。とはいえ、いよいよモデルチェンジに関する「濃い情報」が出てきた。新型ROVALホイールの発表は近い。

新型ROVAL TERRA CLX & EVO 市販最軽量1296gのカーボンTLホイール!
ざっくり言うと↓ リム重量368g リムとテープを圧着する独自のマシンを開発 リムプロファイルはTL設計に SPECIALIZEDから市販最軽量のグラベルホイールROVAL TERRA CLXが登場した。ラインアップは内幅25mmの700c Terra CLXと内幅30mmのTerra CLX EVOだ。650bと700cの両方のサイズで1300gアンダーを実現している...
ROVAL CLX50と64と32も全部インプレ! 究極の回転体に迫るカーボンクリンチャー
昨今のレースシーンにおいて、ディープリムホイールを使用することはマストだ。レースが高速になればなるほど発揮されるエアロダイナミクスの性能や、速さに直結する機材として、優位性が確実に認められている。プロアマ問わずレースを嗜む選手にとって、楽に、速く進むディープリムは、もはや必須の存在である。 ただ、サイクリストはとても欲張りなもので、ディープリムがもたらすエアロダイナミクスの性能と引き換えに、...
VENGE DISC 長期インプレ 完結編! ディスクロードの幕が開ける。
*はじめに* 本記事は、VENGEを2000kmほど乗り込み、感じたこと、気づいたことをまとめている。ボイスメモや書き溜めたメモから起こしたものがほとんどであるが、その間にも各メディアや国内のレースでVENGEが話題に上がらない日はなかった。サイクルスポーツ2018年12月号のエアロロードの比較テストやツール・ド・おきなわ2018の優勝など、もはや最速のバイクとして誰も疑うことはないだろう。しか...
S-WORKS VENGE DISC インプレッション! 460g軽量化した最速のディスクロード
ざっくり言うと↓ VENGE ViASより460g軽い VENGE ViASより速い エアロと軽量化が融合した至高のディスクロード 「新型VENGEは軽くて速い」新型VENGEをひとことで言えばその1点に集約される。ディスクロードの時代がすぐそこまで訪れようとしているときに、スペシャライズドはディスクブレーキオンリーの新型VENGEをリリースした。新型VENGEはVEN...
ROVALカーボンクリンチャーディスクホイール321 実機インプレッション!
ROVAL 321が発表されました。チューブレス対応のリムホール無しのカーボンチューブレスクリンチャーホイールです。リムタイプはフルカーボンクリンチャーのバルブホール無し(BORAと同じタイプ)でチューブレス対応です。 重量は1005gとカーボンクリンチャーにしては超軽量。そしてリム幅は・・・、内部19mm、外部27.3mm(ブレーキトラック)と超ワイド!これは期待できます。そして目玉は...
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックが検出されました。

IT技術者ロードバイクをご覧いただきありがとうございます。
皆さまに広告を表示していただくことでブログを運営しています。

広告ブロックで当サイトを無効にして頂き、
以下のボタンから更新をお願い致します。