結局は正しかったのか、わからない。

昨日の夜一人で色々飲みながら、朝練のアクティブリカバリー中も考えていた。

image

色んなことを考え、決断した時期であった。
特に悩みが多い印象が残る。自転車関連ではある程度整理なり納得のいく結論にたどり着いたのかもしれない。

すこし、仕事もプライベートも落ち着いたと思う。自分が納得できない判断でも、そうせざるおえない場合もある。自制心を強く持たないと破綻しそうな状況だった。

前に仲の良い自転車関連の友人が色々大変な事があって、話を聞いていた。何か悪い方向へ行きそうだったから、話を聞いて、まずは直ぐに決断しないこと、人間って事態に直面したときって、色んな判断を次から次へしようとする。だから直ぐに行動に移さないことと、色々話した。

一ヶ月後、半年後、間違った判断ではなかったと、思えるような判断を問題が起こった早期に決断する事は容易いこことではない。その時は自身をどこまで客観的に見られるかが重要なことだと思う。

人生、1割思い通りに行けば御の字だと思っている。9割は自制の要素と、納得させるべく考えて、悩むことが占める。

整理と、納得を自分自身にさせなくてはならない事も往々にしてある。これは時間がかかるかもしれないけど、一つ一つ納得させる作業が必要だ。

うまくいかない、なかなか自分の思い通りに行かない、だから、達成した、成功した、ってことが嬉しいんだと思う。

そのロジックはどんな状況でも共通している。

帰りの車で、『メンタル弱すぎる』と指摘された。案外自分はその辺が危うい。そういうのって、回りに波及するから、気を付けないといけないな。

自分が凹むのは良いけど、人がへこんでるの見るのはなんか、辛い
目先のことじゃなくて、先の事を考えて自分自身の判断を出す事を心がける

まず一ヶ月後こうなってたいな、と想像してその為に考える。

先を見据えて判断することは、すごく難しいと思う。だから、結局正しかったのかは、未だにわからないでいる。

AC 35min 150w