GDR メテオランチ レクサスの塗装屋が手がけた至高の逸品

20131210-083318.jpg

日本が誇るカーボン加工に定評があるグラファイトデザイン社(以下GDR)。そのGDRの人気の一台といえばメテオランチだろう。過去に乗鞍チャンピオンクラスで、VAXレーシング長沼選手が優勝した際使っていたカーボンフレームだ。

そして2014には乗鞍で三連覇した金子選手もグラファイトデザインのメテオを乗っている。今回紹介するのは、ある女性の方のGDRメテオランチだ。このメテオランチは少し変わっている。レクサスの車体を塗装している企業が手がけたメテオランチだ。

日本に数台しかないこのフレームを見た時息を飲んだ。一見、「アルミか?」と間違う程に艶やかな塗装が目を引く。しかし、これはかのメテオランチだ。塗装に目が特に行ってしまいそうだが、アッセンブルされたパーツ群も妥協はない。

私が今まで見た女性向けマシンでは、トップクラスのアッセンブルと言っても良いだろう。仕上げの塗装から、パーツ群に並々ならぬこだわりが感じ取れる逸品だ。本マシンは村上メカニック(現工房ハイランダー)が仕上げている。

20131210-083339.jpg

コンポーネント類はすべてシルバーで統一している。メインコンポは「カンパニョーロアテナ11s」だ。ブラケットも合わせて白に変えてある。細身のフレームに施された目の覚めるような青のフレームは、日本的な静かな主張とバランスの中に、ロマンを感じる

そこに引き立て役として、カンパニョーロクランクが絶妙にマッチングしている。

20131210-083407.jpg

ダウンチューブのロゴもシブい。GDRを買うのはよっぽどの玄人だ。おそらく結構自転車好きじゃないと買わないだろう。自転車をよく知っている人なら唸るこのフレーム。アルミと見間違えるほどの艶やかさ。引き込まれるような目を引く青だ。

20131210-083433.jpg

ハンドル周りもリッチーで統一されている。そして、シルバーで統一感がさらに増す。一見強そうな男性のイメージが強い銀色だが、女性が使うと艶やかな印象に変わる。自転車とは不思議な機材である。

20131210-083450.jpg

ボトルゲージも見逃せない。細身のシルバーだ。一見どこのメーカーかと判別つかなかったが形状と刻印を見て驚く。私もTIMEに使っている(4つ持ってる)高級ボトルゲージメーカーの「アランデル」だ。カーボンなら一つ8000円程する逸品だ。

小さなボトルゲージにも、手を抜かないオーナーの心意気が感じられる。

アッセンブルされたメインコンポーネントは全てカンパニョーロだ。そしてホイールもカンパニョーロ。VENTOの旧型だ。最近復刻されたVENTOのシルバーではなく当時のVENTOを使うところにもはやこのマシンに対して、ぐうの音も出ない。

20131210-083505.jpg

自転車の楽しみ方は幾つもあるが、これほどまでに『こだわり』が集約された逸品の納車に立ち会えたことは嬉しい。女性向けとして最高レベルのカーボンフレームと、カンパニョーロのみでアッセンブルされたマシンは、乗る人の喜びをいっそう駆り立ててくれるのだ。

ロードバイク カスタマイズBO (エイムック 2720)
エイ出版社 (2013-10-29)
売り上げランキング: 236,988