すね毛剃った → 空気抵抗7%削減へ! 風洞実験で判明

スクリーンショット 2015-05-13 22.21.43

「すね毛」の空気抵抗を考えたことは在るだろうか。すね毛を剃ることで、なんと空気抵抗を7%削減できるのだ。この衝撃の事実は風洞実験で明らかにされた。サイクリストの古くからのしきたり(嗜み)で、すね毛の処理は当然のごとく嗜まれてきた。その理由は「傷口の菌を防ぐ為」「マッサージしやすくするため」「ファッション」と理由は様々である。

ただ、「空気抵抗削減」という理由を公に声を大にして言う人は少ない。しかし、風洞実験ですね毛「処理前」すね毛「処理後」とでは大きな空気抵抗の差があったという。今回は「風洞実験室を用いた、すね毛の有無によるエアロダイナミクスの関連性」と題し、すね毛の是非を問いたい。

スポンサーリンク

空気抵抗を7%削減できる

スクリーンショット 2015-05-13 22.20.36

まず、実際に風洞実験室で様々なテストが繰り返された。エアロヘルメットを用いた場合、ポジションを最適化した場合、エアロスーツを着た場合と我々に馴染みのある実験パターンである。この中に「すね毛を剃る」というパターン(至って大真面目な)を入れたのが今回の実験だ。

実験の内容は以下のサイトを参照して欲しい。以前話題になった記事である。Vengeの発表で40kmTT5分短縮の話を聞いて改めてすね毛の抵抗の大きさに驚いた。

The curious case of the cyclist’s unshaven legs – The Globe and Mail(2014/7/7)

この実験結果をまとめると次のようになる。

  • エアロスーツ:8%削減
  • すね毛処理:7%削減 ←NEW!
  • ポジションを最適化:5%削減
  • エアロヘルメット:3%削減

これは驚くべき結果かもしれない。ポジションの最適化より、エアロヘルメットを被るよりも「すね毛を剃る」という伝統的な行為がエアロダイナミクスに貢献しているのだ。サイクリストが空気抵抗を減らそうと躍起になっている中で、まさに灯台下暗しといえる結果だろう。

ただ、実際の所を考えてみるとほとんどのサイクリストは皆すね毛を剃ってる。余程のことがない限り伸ばす選手は居ない。実際に「すね」の「毛」という少々マヌケな感じも否めないが本当にそうだろうか。当ブログで幾度と無く参考にしている「サイクルサイエンス」のP126 エアロダイナミクスを参照して頂きたい。

青色が「高い圧力」とあり、ヘルメットやエアロスーツ、エアロヘルメットに関係する部分だ。対して赤い「低い圧力」と「気流の乱れ」とある。これはまさに高速でペダリングをする(いわば空気をかき乱す)「すね」や「脚」部分である。

サイクル・サイエンス —自転車を科学する

上記からわかるのは空気抵抗を受けつつ、さらに一番激しく動いているのは下肢である。ジッとしている上半身や目線のみ変化する頭部から考えると、足が激しく動くことは説明の必要がないほどだ。それらの理由から空気抵抗を余計に受けてしまうと考えたとしても、何ら不思議ではない。

まとめ:40kmTTで79秒短縮の意味

本実験はあのSpecializedが行った風洞テストによるものだ。スネ毛処理によるエアロダイナミクスの向上は7%(おそよ15ワットに相当)である。これを1時間の40kmTT(今ハヤリのアレだ)では79秒ものタイムが短縮可能となる。これは驚くべきエアロダイナミクスの効果ではないだろうか。

なお、他の条件との検証において、手首から足首まで覆うフルエアロレーシングスーツで「8%」とあるのですね毛の抵抗の大きさが分かる。また、先日発表されたSPECIALIZEDの「フレーム」「シューズ」「ヘルメット」等、トータルで40kmTTを5分縮められるとあった。再度これらのシステムの短縮出来るタイムと「すね毛処理」を最後に確認したい。

  • S-WORKS VENGE : -120秒
  • EVADE スキンスーツ: -96秒
  • すね毛処理:-79秒 ←NEW!
  • EVADE ヘルメット: -46秒
  • TURBOタイヤ:-35秒
  • S-works6シューズ:-35秒

以上の通り「すね毛処理」は簡単かつ最高のコストパフォーマンス(カミソリ代のみ)をそなえた、最高のエアロダイナミクスの改善方法と言えるだろう。すね毛が生えている人は40kmTTをさらに79秒(1分19秒)縮められる。とすると「すね毛」とのトータルバランスを考慮するとなんと6分19秒も縮められるということだ!

(※ただし、すね毛の長さによって空力特性が変動し、タイムに影響を及ぼす可能性は十分にあり得る!!)

是非SPECIALIZEDには今回のシステムのおまけで「シザーセット」を付けてみてはどうだろう。サイクリストにウケることこの上なしだ。100万円を超えるとされるVengeの完成車のおまけにしては安いくらいだろう。

我々は製品として見えやすいモノには投資するが、簡単で見落としがちな基本的な事(すね毛)には目を向けにくい。すね毛処理をバカにしてはいけない。タイムトライアルは上位に行けば行くほど強さが拮抗する。1秒の積み重ねがひとつの勝利を生み出すのだ。

その「すね毛1本」がタイム短縮の鍵を握っている。

空気抵抗の関連記事

「ゼッケンのスキマ」を塞いで、40kmTTで8秒縮めるソリューション "予算431円"
結論を先に述べよう。ゼッケンのあのスキマを埋めると、40kmで8秒短縮できる。そのスキマを埋める際に、私は様々なテープを試したが「日東電...
10W以上の抵抗減! SACRA SLFチェーン インプレッション
「抵抗とは税金である。」私はひとつの結論にたどり着いた。自転車にまつわる様々な資料や論文から得た結論だ。私が抵抗を税金に例えた理由はいく...
Velotoze 最高の費用対効果を誇るヴェロトーゼ シューズカバー
わずか2000円ちょっとの投資で、タイムトライアルを40秒も縮められるとしたら、あなたは投資するだろうか。例えば居酒屋で2,3杯飲めば消...