インプレッション

スポンサーリンク
インプレッション

簡単にたためてコンパクト! 輪行袋のBIKOTをおすすめする理由

ざっくり言うと↓ 折りたたみをアシストしてくれる 輪行初心者におすすめ 簡単コンパクトな輪行袋 もしも自転車に出会っていなかったら、これほどまでに全国各地を飛び回らなかっただろう。私は自転車と共に日本各地を旅した...
インプレッション

新型セパワンが2.1へアップデート!アーティストコラボしたデザインジャージが登場!

「ペンローズの三角形」という不可能図形がある。名前は聞いたことがないかもしれないが、図形はどこかで見たことがあるかもしれない。 この三角形は、スウェーデンの芸術家オスカー・ロイテルスバルトが考案したペンローズの三角形だ。だまし絵で有名...
インプレッション

【最後の軽量化】レース当日の「朝の儀式」について今こそ語ろう。

ざっくり言うと↓ 最後の軽量化に デュムラン() 1gでも軽さにこだわる選手たちへ 「最後の軽量化」はレース当日の朝に取しきられる重要な儀式だ。自転車選手であれば一度は経験した事がある(はずだ)。そう、朝のお通じ...
インプレッション

【なぜ?】タイヤ空気圧を上げ過ぎると、転がり抵抗が増す実験結果

はじめに 本記事はもともと、「MAVIC UST」の記事の一部として執筆した内容だ。ところがあちらの記事自体が膨大な文字数で構成されてしまったため、別の記事として起こした。本記事で言わんとすることは、「空気圧を上げすぎると抵抗が増して...
インプレッション

SPECIALIZED VENGE PRO DISC 発表 S-WORKS踏襲の高コスパモデル

Photo:specialized VENGE PRO DISCがリリースされました・・・。驚きなのは「S−WORKSのフレームと一緒」ということです・・・。いやまじで・・・。もしも新しいS-Works Vengeの価格に落胆していた...
インプレッション

【悲報】コルナゴ、ロゴ変えるってよ。

▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああああ あの気高く、気品に満ちていて、風格のあるコルナゴのロゴ.....、私たちがイメージしているあの「コルナゴロゴ」のバイクに来年から乗れなくなるかもしれない。2019年モデルからコル...
インプレッション

五輪用に開発したFELT TA FRDが400万円で誰でも購入可能へwww

2016年リオ五輪で金メダルを獲得すべく開発されたFELT TA FRDが£26000(日本円で約400万円)で海外で販売されている。 このFELT TA FRDは特殊な構造を備えている。ドライブトレインが通常のバイクとは反対側に取り...
インプレッション

S-WORKS VENGE DISC インプレッション! 460g軽量化した最速のディスクロード

ざっくり言うと↓ VENGE ViASより460g軽い VENGE ViASより速い エアロと軽量化が融合した至高のディスクロード 「新型VENGEは軽くて速い」新型VENGEをひとことで言えばその1点に集約され...
インプレッション

新型VENGE DISC 実車インプレッション Vol.2

新型VENGE DISCのインプレッションを3.2万文字追加しました。9 新型VENGEインプレッション(2018/7/7追加分)からお読みください。
インプレッション

ROVALカーボンクリンチャーディスクホイール321 実機インプレッション!

ROVAL 321が発表されました。チューブレス対応のリムホール無しのカーボンチューブレスクリンチャーホイールです。リムタイプはフルカーボンクリンチャーのバルブホール無し(BORAと同じタイプ)でチューブレス対応です。 重量は10...
インプレッション

MAVIC コスカボアルチメイトUST登場 究極のチューブレスカーボンクリンチャー

ざっくり言うと↓ 1310gのカーボンTLクリンチャー! リムテープ不要、バルブホール無し、スポーク一体型! 40mmリムハイト、26mmワイド、内径19mm! いや、これやばいでしょ。マビックの最高峰のホイール...
インプレッション

7,000円台!コスパと性能に優れたR2サングラスインプレッション

ざっくり言うと↓ 7,000円台の使えるサングラス。 29gでつけている感がない。 安くて良いサングラスが欲しい人へ。 自転車乗りの定番サングラスと言えば、オークリーであることは間違いない。グランツールを走る多く...
インプレッション

TIME復活へ!50台限定新型アルプデュエズとSCYLON

2019年モデルのTIMEは、ついにデザインが戻ってきた。これまでのデザインは「コレジャナイ感」が満載だったが、ついに「これこそTIME」というデザインに戻った。この「TIME ALPE D'HUEZ01SMUジャパンフレンチエディショ...
インプレッション

ZIPPが新型チューブレスカーボンクリンチャーNEW NSW Firecrestを発表!

もはや時代はチューブレスタイヤなのか・・・。エアロホイールの先駆けZIPPがリリースした新型ホイールは、すべてがチューブレス対応することになった。そしてクジラからインスパイアされたNSWとエアロを追求したFirecrestを備えている。...
インプレッション

究極の回転体Lightweightが新型ワイドリム化へぇぇ!

「時代遅れの20mmリム幅」だった究極の回転体Lightweightがついにワイドリム化した。最近ではRovalやMavic、Bontragerが空力に優れたワイドリムを出しており究極の回転体の座は揺るいでいた。Lightweight ...
インプレッション

【これは快感】冷凍メタルボールにオイルを塗ったマッサージが気持ちよすぎる・・・

ざっくり言うと↓ オイルと併用できる 保冷ジェルは40分維持 携帯性に優れ遠征や渋滞時にも 体は回復するときに強くなる。強くなるための話題といえば「ハードなトレーニング」や「トレーニングメニュー」にばかりフォーカ...
MTB

【歓喜】シマノ12速XTRは「11速用」にも両方使える変態コンポwww

ざっくり言うと↓ 新型XTRは12Sと11Sどっちでも使える。 スプロケがSRAMの12速と"12g"重いという12のこだわりよう 「こんなのシマノじゃない」程すごいかっこいい(+超メカ)。 おおおお、おや?12...
インプレッション

シマノついに12速化へ!新型XTR 10-45Tと10-51Tのワイドレシオ化

シマノがついに12速化です。いよいよシマノもフロントシングルに本腰のようです。オフィシャルでもカウントダウンが始まっています。明日5/25発表。新型XTRが12速化し、スプロケは10-45Tと10-51Tのワイドレシオへ。モデルナンバー...
インプレッション

MAVIC COSMIC PRO CARBON SL UST インプレ TLカーボンクリンチャーの新基準

今回ご紹介するcosmic pro carbon sl ustは、今まで試してきたようなホイールの評価方法が通用しなかった。「機材とは相対評価である」という根本が崩れたのである。たどり着いた結論は、「ホイールとは、タイヤの受け皿でしかない」ということだった。
インプレッション

SMITH OVERTAKE インプレッション コロイド素材ハニカム構造のヘルメットとは?

ざっくり言うと↓ 空力・重量・安全性すべてが融合。 EVADEと同等の空力。 MIPS、ハニカム、発泡体の多層構造 サイクリスト観点で言ってしまえば、SMITHというブランドには全くなじみがない。それもそのはず、...
インプレッション

新型セパレートワンピ2.0 「スケスケ素材」を使った軽量爽快ウェア

昨年の乗鞍において、森本選手が使用していた「スケスケワンピ」がついに製品化された。ゴールデンウィークという絶好の機会で販売が開始されたため、私はいち早くテストすることにした。前作のセパレートワンピ1.0(勝手に命名)はチームェアとして使用...
インプレッション

リンタマン インプレッション「8種の方法」で縛り上げる変態系シューズとは

ざっくり言うと↓ 足を合わせるのではなく、シューズを合わせる。 シバリ方は8種類。 「足型に合うかな?」はもはや不要。 人間の悩みの8割は人間関係だと言われているが、私はシューズ選びも同じくらい悩んでいた。理由はいたって簡単だ。足...
インプレッション

新型 MET TRENTA インプレッション セミエアロヘルメットの最適解へ

私にとってMETというブランドは「マークカヴェンディッシュが使用するブランド」というイメージ程度しか持っていなかった。今回は、世界最速のスプリンターのマークカヴェンディッシュ(ディメンションデーター)やUAEが愛用するヘルメットブランドのMET TRENTAをご紹介する。昨年のツールド・ド・フランスで初めて発表され、MET創立30周年記念の威信をかけた新しいヘルメットとは。
インプレッション

12年間、スーパーフィートのインソールを使用し続ける理由。

2006年頃、SAJ(全日本スキー連盟)の推薦商品としてスーパーフィートの存在を知った。私は、9年間ほどSAJの指導員として活動していた時期があった。当時使用していたのは、シダスのカスタムインソールだった。
インプレッション

ヤフオクにLightweightとかROVAL CLX50,32とかレーゼロを1円から出品しました。

究極の回転体さん。ディスクホイール(円盤の方)です。 レージングゼロ11Sの未使用品です。最近の完成車外しシリーズの最後の大物です。使わずにしまっていたのを忘れていましたという((;・∀・)発掘・・・。 ROVAL CLX32です。ネ...
インプレッション

CANNONDALE SUPER SIX EVO インプレッション 2世代目にあえて迫ろう。

軽量バイクが出揃った今だからこそ、”あえて”軽量バイクの代名詞エボに迫ろうと思う。そしてSUPER SIX EVO HI-MOD2世代目は一体何が変わり、一体何が新しいのだろうかという問に答えるために。
インプレッション

新型105 R7000とULTEGRA RX805 クラッチ仕様が海外でリーク!

長らく期待されていた105グループのアップグレードがいよいよ6月に行われる。国内での情報はまだないが、海外サイトではすでにオフィシャルに掲載されている。 衝撃なのが、FC-R7000のクランクだ。クランク長が160mmがラインナッ...
インプレッション

新型ULTEGRA RXがパリ・ルーベで先行投入!

エイプリルフールのネタ?いやいや、実のところ私もそう思いましたが本当にULTEGRA RXがパリ・ルーベに投入されるようです。見ての通り、シマノMTB用リアディレイラーに搭載されている、チェーンスタビライザーが搭載されています。 私も...
インプレッション

SMART ENVEの生みの親が開発!世界最速のエアロスーツENDURA D2Zとは

SMART ENVEの名前の由来にもなったSIMON "SMART"(サイモン・スマート)氏が開発協力したエアロスーツが......ヤバイ。Endura D2Zには新開発のSSTが搭載されている。
インプレッション

使用済みサイクルジャージを買取り業者ビチアモに出した結果www

いつの間にか、普段着よりもサイクルジャージの方が増えていた。しかし、得意のヤフオクに出すのは避けたかった。「ITさんの着たジャージ」というレッテルが貼られ、一部のコアな人(文字通り変態)たちが高値を付けて買ってしまうのも申し訳ない。かといって、いたずら入札だってありうる。落札評価で○○毛が付いていました!と書かれても恥ずかしい。かといって、古着屋に買取りってもらっても、恐らく数百円、数十円がヤマだ(と考えた)。
スポンサーリンク