インプレッション

スポンサーリンク
インプレッション

初代レーシングゼロさん。。。

自転車部屋を掃除してると、結構機材が出てくる。ほとんどが新品に近く、状態も良い。今後、使う機会がないだろうけど、価値がありそうなのはデッドストックの初代レーシングゼロ。試しにカンパで組んでた時に、カンパ用でほんの少し使っていた。 ノムさん...
インプレッション

ROVAL CLX50と64と32も全部インプレ! 究極の回転体に迫るカーボンクリンチャー

昨今のレースシーンにおいて、ディープリムホイールを使用することはマストだ。レースが高速になればなるほど発揮されるエアロダイナミクスの性能や、速さに直結する機材として、優位性が確実に認められている。プロアマ問わずレースを嗜む選手にとって、...
お役立ち情報

2017年版 自転車の室内トレーニングにオススメな工業用扇風機TOP3

もはや家庭用扇風機に限界を感じているーーー この夏はそんな叫び声が聞こえてきそうだ。これからの季節はとても暑くなる一方で、家の中でローラーを使ったトレーニングをする事がよりいっそう厳しくなっていく。ただえさえジッとしていても暑いのに、自転車を全力で漕ぐ・・・。一般的には理解し難い世界だ。
インプレッション

スペシャがこっそりパワーメーターを開発!新型ターマックに搭載されてんぞwww

もはやパワーメーターなんて物珍しいものでもないのかもしれませんね。先般発表された「新型ターマック」ですがその最上位の完成車にこっそりS-Works Power Cranksが搭載されています。 S-Works Power Cranks ...
MTB

新型 2018 SPECIALIZED S-WORKS EPIC FSRが12速化とBOOST規格でフルモデルチェンジ!

ついに2018年モデルのSPECIALIZED S-Works EPICがフルモデルチェンジした。私はこの今回のアップデートを待ち望んでいた。長らくフルサスのS-WORKS EPICはフレームのジオメトリーを毎年微調整していたものの、基本...
インプレッション

パイオニアペダリングモニター105がコンビニで受け取れる時代にwww

パワーメーター黎明期を思い出すと、海外のサイトから購入したり、海外送金したりととにかく入手困難だったことを思い出す。私がPower2Maxを国内に初めて持ち込んだ時も、SRMやPowerTap、Quarqといったパワーメーターしかなかっ...
インプレッション

新型ULTEGRA R8000 R8070 Di2 発売 出荷は6月末から!

ultegra R8000が発売された。予想通り、DURA R9000を踏襲したソリッドなデザインだ。今回電動のR8070とワイヤー式のR8000が発売になる。今回最も目新しいのディスクブレーキに対応したことと、34Tのカセットが登場す...
インプレッション

わずか1195g! FSEカーボンクリンチャーが登場!$1470から!

カーボンクリンチャーは新たな時代に突入するのかもしれない。海外の老舗オンラインショップのfairwheelbikes.comでひっそりと、ただ恐ろしくも魅力的なホイールが発表された。言ってしまえば「ただの手組ホイール」である、、、のだが少...
インプレッション

2018 スペシャライズド S-WORKS ターマック SL6がついに全面改良で投入!

新型S-WORKS TARMAC SL6の実機インプレッションを別ページ「2018 S-WORKS TARMAC SL6 インプレッション 実重量と進化に迫る」に掲載しました。 ついにS-WORKS TARMACが全面リニューアル...
インプレッション

新型ULTEGRA 8000の新旧比較画像がリーク!

毎年、6月に入るとシマノの新型コンポーネントの発表がある。いよいよXデーが近いのが新型アルテグラだ。モデルナンバーは8000番台になると予想され、ダイレクトマウント、ワイドレシオ、クランクアームの高剛性化などが見込まれる。 以前、お隣...
インプレッション

2018モデル早くも登場 SPECIALIZED S-Works Epic HT WC 12速化とBOOST規格

2018年モデルが早くも登場し始めている。まず注目したいのがSPECIALIZEDのS-Works Epic Hardtail World Cup。私はこの今回のアップデートを待ち望んでいた(ただの新しいもの好きなのだけど)。S-WOR...
インプレッション

SACRAホイールインプレッション 元シマノ技術者が開発!

この記事を公開するまで「SACRAホイールどう?」といろんな方々にさんざんに聞かれた。実際に走っている時もそうだし、SNSでDMを送ってくれた人もいた。ただ、なぜそこまでSACRAホイールが注目され、皆が気になっているのか私は不思議でならなかった。
インプレッション

新型ULTEGRA R8000とR8050がリークされる

新型のULTEGRA R8000と思われる画像がお隣の国のユーザーがSNSで公開してしまった模様。シマノの公式発表はされていないため正式な情報ではない。一部では「コラじゃね?」という憶測も飛んでいるが、よく見かける「シマノコンポ家族集合...
インプレッション

雨のレース対策 イナーメレインジェル

スタートに立った時点で、レースの勝敗は、ほとんど決まっているのかもしれない。ロードレースは全天候型のスポーツだ。雨が降ろうが、雪が降ろうが、サイクリストたちはゴール目指し、走り続ける。ただ、この天候という要素はレースという勝敗を大きく変...
インプレッション

シマノvsパイオニア、私はどちらを選んだか。

冷静にシマノとパイオニアのパワーメーターを比較したとする。どう考えてもシマノパワーメーターを選択することはデグレード(機能性ダウン)する。ペダリングモニターのペダリング効率は日々のトレーニングに必ず必要だし、ポジションを変えた時に、ペダ...
インプレッション

「ゼッケンのスキマ」を塞いで、40kmTTで8秒縮めるソリューション “予算431円”

結論を先に述べよう。ゼッケンのあのスキマを埋めると、40kmで8秒短縮できる。そのスキマを埋める際に、私は様々なテープを試したが「日東電工 再剥離可能強力両面テープNO5000NS 20mm×20m」というテープがジャージと、ゼッケンに...
インプレッション

シマノ神対応 アルテグラでシンクロシフトついに対応へ

ついに旧型のデュラエース9070と現行アルテグラ6870がシンクロシフトに対応した。新型ファームウェアや、9070、6870自体のファームも合わせてアップデートされた。なお、既存のバッテリーのままでは使うことはできない。 アルテグラ シン...
インプレッション

MavicのOpen Proがエグザリット、ワイドリム、チューブレス仕様に大幅アップデート!

マビックの伝統的かつ、リムの代名詞でもあるmavic open proが劇的な進化を遂げた。同社のハイエンド完組モデルに搭載されていた、プラズマ電解処理のエグザリット加工が施されフルモデルチェンジがなされた。さらにリムプロファイルも大幅に...
インプレッション

最速のホイールシステムを探す旅。

夜勤明けで時間があったので淡々と単独走。いつもの杉尾コースを逆走してエンマカフェでゴールする感じ。今日はカフェマンナが休みなのでいつものルートを取られない。淡々と走るもののハンガーノック気味になりつつもアミノバイタルで補給しつつbcaa入...
インプレッション

ALPINAのハンドルが良すぎて悩む

国内ではほとんど見かけないALPINAのスプリトハンドル。380mm、リーチ90mm、ドロップ175mm、全部31.8mmというガチムチ系ハンドル。形状はシャロー(マルハン)海外のトラック選手が使ってるのを見て探してお取り寄せした。 これ...
インプレッション

10W以上の抵抗減! SACRA SLFチェーン インプレッション

「抵抗とは税金である。」私はひとつの結論にたどり着いた。自転車にまつわる様々な資料や論文から得た結論だ。私が抵抗を税金に例えた理由はいくつかある。そもそも汗水たらして稼いだお金は、国を運営する為に税金として徴収される。自分が働いて「発生...
インプレッション

群馬県エベレスト山岳隊が着用していた「ひだまり肌着」が40年も愛される理由

今から20年前を思い出してほしい。年代で言えば90年台の初めの頃だ。その頃、高機能な「あったかインナー」なんて代物を身に着けている人はいただろうか。ほとんどいなかったはずである。ところが現代はどうだろう。いまや高機能なあったかインナーを...
インプレッション

冬の雨の中、ジャージ一枚で快適に走る方法。

今週の堺は雨でさらに寒波が来るらしい。今のところマイナス二度という予報が出ている。ということは、だ。タイヤよりも何よりも「体力を奪われない」という基本的なことをに気をつける必要がある。前回の関西シクロクロスの希望が丘で痛感した人も多いは...
インプレッション

SUOMY イタリアのモーターサイクルメーカーが生み出すサイクルヘルメットとは

私たちは自分たちの手の届く範囲の中でしか物事の善し悪しや、ブランドの価値を成果に判断できていない。身近にあるもの、プロ選手が使用しているもの、知り合いが使っているものと、身近なものであればあるほど「良い悪い」を判断しやすい。その中で今回...
インプレッション

親が知らぬ間に子供用の自転車はここまで進んでいた

子供用の自転車をあなどっていたようだ。先日のレースの際に見せてもらった子供用のバイクはサイクリストのパパもうなる出来に驚いた。大人も欲しくなるその造り込みは子供用といえどなんら手が抜かれていなかった。 今回はチーム員の息子さんがマシン...
インプレッション

ベルメゾン が「天然素材95%」であったかインナー”ホットコット”を作った理由

最近めっきり寒くなってきた。あっという間に季節がうつり変わり、気温も下がっていく。季節が変われば、かならず衣替えをするわけだが、いつも身に付けるものや着るものに悩まされる。タンスをゴソゴソと漁っていくうちに、「そういや去年使った発熱...
インプレッション

ヒートテックでエベレスト登頂 実はドライナミックも下に着ていた

ヒートテックでエベレスト登頂―――。世界で一番高い山と言われた時ヒマラヤ山脈の最高峰エベレストの名前が思い浮かぶ。大人から子供まで誰しもが知る有名な山である。そのエベレスト登頂の際に「ヒートテック」が使われたというのだ。参照元記事:「エ...
インプレッション

ヒートテック極暖の速乾性は「綿以下」という実験結果

ヒートテックは冬の定番アイテムとして広く認知されている。街で着るにはたしかに暖かい。そして値段も安く入手もしやすい。ただ先般お伝えした、「ヒートテックを山岳ガイドが使わない理由」でも紹介したとおり、汗を大量に書くスポーツなどには向かない...
インプレッション

與那嶺恵理選手のCXバイクSPECIALIZED CRUXの実車が販売へ

photo:BIKE SHOP FORZA 與那嶺恵理選手が2015-2016 シクロクロスシーズン中使用した実車が販売されている。しかしただの実車ではない。與那嶺選手はこの「SPECIALIZED CRUX PRO CARBON D...
インプレッション

日本人向けのTTポジションを実現 DHクローザー インプレッション

「機材沼」の深さの根本的な原因は、ポジションと感覚との相違にある。確かにホイールの場合は軽いだとか、かかりが良いだとか様々な感覚で好き嫌いがわかれる。そして、自分自身が求めている感覚と機材がマッチすれば「良い機材」として使い続ける事にな...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました