【速報】MAVIC コスカボアルチメイトUST登場 究極のチューブレスカーボンクリンチャー

スポンサーリンク
ざっくり言うと↓

  • 1310gのカーボンTLクリンチャー!
  • リムテープ不要、バルブホール無し、スポーク一体型!
  • 40mmリムハイト、26mmワイド、内径19mm!

cosmic-ultimate-wheels-1529102541005-1ltcl17u2rhj0-1260-80

いや、これやばいでしょ。マビックの最高峰のホイールCOSMIC CARBON ULTIMATEが超進化し、チューブレス対応クリンチャーホイールとして生まれ変わった。ただ、その進化は半端ない。とにかく「ぼくがかんがえたさいきょうのちゅーぶれすほいーる」なのだ。。。

多くのホイールメーカーがディスクブレーキ設計に夢中なのだ。しかし、Mavicは軽量かつ空力がよく、剛性の高いカーボンホイールを追求した。まさに「ULTIMATE」の何はじぬように。これはリムブレーキホイールを再活性化してくれることは間違いない。当然のことながら、アルチメイトはリムを再設計し直した。

リムハイトは40ミリあ。新しいCosmic Ultimate USTホイールのリムはフォームコア(白色の発泡剤のようなもの)の周りに3Kカーボン繊維を織り込んでいる。内部リム幅は19mmだ!(やっぱりわかっとる!)Mavicによると、この特定のフォームコアを使用した結果、耐久性が高まり熱対策の効率もさらに高まる。

スポンサーリンク

ベアリング以外全部カーボンwww

mavic-cosmic-ultimate-ust-hub-details-05

今回のコスカボアルチUSTで最も驚くべき構造は、実際には目に見えない。というのもフルカーボンスポークがリムを貫通(というより一体化)し、その末端は「ブレーキトラック部分」にまで及んでいる。パット見はリムに直接結合されているのだが、その先はまだ続いていてブレーキ面までスポークが伸びているのだ。リムがスポーク穴なしで製造されているため、完全に気密性の高い構造を備えている。

雨天でも水没してしまうこともないし、なにより「チューブレスリムだけどリムテープが不要」というおまけ付きだ!

リムはレーザーでエッチングされている。

スポンサーリンク

エアロダイナミクス

mavic-cosmic-ultimate-ust-aerodynamic-wind-tunnel-test-comparison

MAVIC偉い。すべてのデーターをモデル名入りで出している。やはりBONTRAGERのホイールは性能が高い。今回のコスカボアルチUSTはENVEよりも性能が良い結果が出ている。Mavicは25mmのタイヤを使用して似たようなリムハイトのホイールとテストを実施した。

スポークは一見「きしめん」かと思いきや、エアロダイナミクスを追求した結果楕円形をしている。新しい設計のハブもより小さくなっている。

スポンサーリンク

進化したハブ

r16731_7mavic_cosmic_ultimate_ust_rr_hub-1529098921536-josjsskq4jm8-630-354

ハブも進化している。前作のアルチメイトのリアホイールは特殊な構造を備えていた。のむラボののむさん曰く、完成時に振れ取りをするためであるとのことだったが、この構造が廃止され、完全一体化のリアスポークパターンになった。

スポンサーリンク

まとめ:まさに「究極の回転体」が登場した。

f72791_1_mavic_cosmic_ultimate_ust_frt_hub-1529098921533-b8311tsu1snw-630-354

正直Lightweightの新型は「やっちまった感」がある。ところがMavic Cosmic Ultimate USTは、リムハイト幅40mm、幅26mm、内幅19mmのNACAプロファイル、チューブレスの使用を想定、リムテープ不要、ENVEよりも良い空力性能、重量1310gだ。そしてリム、スポーク、ハブはすべてカーボンでかつ「すべてが一体化」している。まさにこれを究極と言わずして何が究極だろう。ただ価格も究極で4,250ドル/3,500ユーロだ。発売は2019年1月。

MAVIC COSMIC PRO CARBON SL UST インプレ TLカーボンクリンチャーの新基準
はじめに ブログで「はじめに」という章は本来不要である。しかし今回の記事に限ってあえて追加することにした。「インプレッション」とひとくくりにしているが、記事の中身といえばコスカボUSTを使った長期的な実験結果のレポートである。記事の作...
今こそチューブレスタイヤの闇を語ろう IRC FORMULA PRO インプレッション
「チューブレスタイヤは面倒だ、だからもう使わない」こんなサイクリストは日本にどれ位いるのだろう。少なくとも私はそのうちの一人だ。ビードを上げるのに苦労し、気付かないうちに空気がダダ漏れして、結局最後はクリンチャータイヤの方が良いじゃない...
コスミックカーボンアルチメイトを鉄ハンマーでぶっ叩いた結果
まずはこちらをご覧頂きたい。MAVICの最高峰モデルコスミックカーボンアルチメイトだ。スポークから、ハブまで全てカーボンで出来ている代物である。それをおもいっきりぶっ叩いている。しかも鉄ハンマーで"リズミカルに"だ。 とにかく全部カー...