マチューが新型CANYON INFLITEを投入か、フル内装でCP0018を使用

スポンサーリンク

ベルギーで開催されたX2O Trofee Herentalsレースで、マチューが新型のシクロクロスバイクを使用していることが明らかになった。本レースでマチューが操っていたCANYON Infliteは、ワイヤー類がすべて内装された新型モデル、もしくはマイナーアップデート版だと推測されている。

Infliteは、2017年に本格的なシクロクロスレースバイクとして登場した。マチューがSTIVENSバイクから乗り換え世界選手権を制覇したことでも話題になった。Infliteの特徴は一目で分かる”キンク付き”のトップチューブを導入したデザインだ。シクロクロスにおいて、かつぎやすい構造になっている。

泥が生み出す進化の形 CANYON INFLITE インプレッション
シクロクロスのバイクメーカーをいくつか想像してみてほしい。TREK、RIDLEY、STEVENS、FOCUS、SPECIALIZED、というブランドが真っ先に思い浮かんでくる。一方で、「CANYON」と言うシクロクロッサーは、一昔前まではそれほど多くなかった。多くの人は、CANYON」というブランドを想像すらしなかった。 しかし2018シーズンを境にして、CANYONはその名のとおり、大きな...

従来のInfliteはCANYON独自のワンピースコックピットを採用していたが、ケーブルやブレーキホースは外部に露出した構造だった。新型と思われるInfliteは、すべてが内部に格納されている。

新型Infliteと思われるバイクは、AEROADやULTIMATEで採用されているキャニオンの統合型コックピットCP0018が採用されている可能性がある。クイル型ステムで、一体型のハンドルバーとステムがケーブルやホースを隠し、ヘッドセットを通ってすべてが内装されている。

インテグレーテッドコックピットと完全なインターナルケーブルは、同社のさまざまなモデルで採用されているが、特殊な構造と複雑なホースルーティングによって整備性が損なわれ、ステム長や、ハンドル幅の選択の自由度が低いというデメリットも存在している。

プロ選手は気にならないかもしれないが、完全に統合されたセットアップは、特にシクロクロスという整備が多い競技において問題になる可能性がある。しかし、シクロクロスにおいて(整備性の悪さに目をつぶれば)ケーブル類を木の枝の引っ掛かりや、他選手との接触から保護できるなどの潜在的な利点もある。

今回の新型Infliteは、コックピット以外に大きな変更がないように見える。2017年の登場から5年以上が経過し、アップデートの時期は確実に近づいているようだ。

2023 CANYON INFLITE 発表!世界選で男女優勝したシクロクロスレースバイク
CANYONのINFLITEの2023モデルが発表された。INFLITEは世界選手権で男女同時優勝を果たし、マチューが世界選手権3連覇(2019, 2020, 2021)したシクロクロスの世界最強のレースバイクだ。INFLITEは、シクロクロスバイクとして最先端の設計を取り入れている。それは、コクサイデの砂の壁を「かつぐ」ときや、シケインを越える際に「持つ」といったシクロクロス競技特有の動作を...
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックが検出されました。

IT技術者ロードバイクをご覧いただきありがとうございます。
皆さまに広告を表示していただくことでブログを運営しています。

広告ブロックで当サイトを無効にして頂き、
以下のボタンから更新をお願い致します。